英国健康安全保障局、気候変動適応策として「悪天候と健康計画」を発表

4月27日、英国健康安全保障局(UKHSA)は、気候変動に関する国家適応計画(NAP)の下で、天候と健康に関する既存のガイダンスをまとめ、改善することを約束する一環として、新たに「悪天候と健康計画(AWHP)」を発表した。

AWHPは、悪天候による健康への影響から人々を守り、コミュニティの回復力を高めるために、UKHSA、政府、政府機関、NHSイングランド、地方公共団体がとってきた既存の対策を基にしたものである。

今回の「悪天候と健康計画(AWHP)」は、イングランドの熱波計画(Heatwave Plan for England)とイングランドの寒冷地計画(Cold Weather Plan for England)を統合したもの。UKHSAが新設した気候・環境セキュリティセンターの科学者や公衆衛生専門家によって開発された。暑さや寒さなどの厳しい天候の中で安全に過ごすためのガイダンスやサポート資料も提供している。

UKHSAは、気象庁と協力して、2023年6月までに猛暑健康警報制制度、11月までに極寒健康警報制度を開始し、専用プラットフォームを作成する予定。警報には、今後数日間に予想される気象条件、予想される影響の概要、地域的な影響評価の概要に関する情報が含まれる。

英国の気候変動リスクアセスメント3(CCRA3)の一環として気候変動委員会が作成した報告書によると、この10年間にイングランドで気候変動による熱関連死亡の経済コスト総額の予測は、年間約64億ポンド(約1兆円)に達する。

さらに、同報告書では、より高い費用対効果をもたらす早期適応投資をいくつか挙げている。CCRA3におけるリスクと機会の貨幣的評価によると、熱波計画や気象・気候サービスに1ポンド投資するごとに、10ポンドの経済的利益をもたらす可能性がある。

これらの利益の中には、熱波計画、早期警報システム、能力開発など、計画に詳述されている適応策を具体的に指すものもある。

【参照ページ】
(原文)UKHSA launches new Adverse Weather and Health Plan
(日本語参考訳)英国健康安全保障局、気候変動対策として「悪天候と健康計画」を発表

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る