コーチ、サーキュラークラフトに焦点を当てた新サブブランド「Coachtopia」を立ち上げ

4月20日、コーチは、サーキュラークラフトと共同クリエイティビティに焦点を当てた新しいサブブランド、「Coachtopia」を立ち上げた。完全循環型ビジネスモデルを追求する。

Coachtopia は、リサイクル、再利用、再生可能な素材を使用し、「Made Circular」3原則に基づいてデザインされたバッグ、アクセサリー、レディ トゥ ウェア、フットウェアで構成されるオールジェンダー コレクションである。各製品には、素材、Made Circulaデザイン、影響に関する透明性を顧客に提供する、組み込み型NFCチップでアクセスできる固有のデジタルパスポートも付属している。このデジタルパスポートは、製品が修理、修復、再利用される道のりを追跡する手段にもなっている。

Coachtopiaは、コーチの「(Re)Loved」プログラムから生まれた。2021年4月の開始以来、2万点以上の製品が修理または再生されており、その中でサーキュラークラフトに関する課題や知見を得てきた。

米国、カナダ、英国で発売された Coachtopiaは、2023年後半にアジアに拡大する予定である。

【参照ページ】
(原文)Introducing Coachtopia: A new world of circular craft from Coach. Powered by community, building towards a better future for our planet.
(日本語参考訳)コーチ、サーキュラークラフトに焦点を当てた新サブブランド「Coachtopia」を立ち上げ

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る