動物用医薬品メーカーZoetis、新サステナビリティ目標を発表。20年前倒した再エネ100%達成など表明

動物用医薬品メーカーZoetis、新サステナビリティ目標を発表。20年前倒した再エネ100%達成など表明

1月6日、動物用医薬品メーカーのZoetisは、カーボンニュートラルの達成や、2030年までに事業活動で再生可能エネルギーを100%使用する目標など、一連の新しいサステナビリティ目標を発表した。

新しい再生可能エネルギーの目標の設定は、2050年までに100%再生可能エネルギーを達成するという事前のコミットメントを上回る、Zoetisにとって大幅な加速のための契機となる。12月、Zoetisは、再生可能エネルギー資産の開発・運営を行うVesper Energy社と15年間にわたる40MWの仮想電力購入契約を締結し、テキサス州西部にあるVesper社のホーネットソーラー・プロジェクトからグリッドにエネルギーを供給することを発表したが、これはZoetisの北米事業の33%を賄うのに十分な電力量である。北米は、同社の全世界の電力消費量の約75%を占めている。また、ノルウェー、ベルギー、アイルランドなどの国々のZoetis社のいくつかの拠点では、すでに100%再生可能エネルギーによる電力供給が行われている。

Zoetisは、クライメート・グループがCDPと共同で主導し、再生可能エネルギーによる電力100%供給に取り組む世界で最も影響力のある企業を集めたイニシアチブであるRE100のメンバーである。

気候変動に関する目標を達成するためのその他の取り組みとしては、暖房・換気・空調(HVAC)設備の最適化、製造拠点でのエネルギー効率を高めるための最新技術への投資、保有する車両の電化に向けた調達活動の重視などが挙げられる。また、Zoetisは、スコープ1と2の排出量の最終的な割合をオフセットし、スコープ3の排出量の透明性を高めることを目指すとしている。

【参照ページ】
(原文)Zoetis Announces Expanded Commitments to Protect the Planet
(日本語訳)Zoetis、再生可能エネルギー100%の目標を20年前倒しで2030年に達成

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る