サプライチェーン・サステナビリティ・プラットフォーム「Higg」が約65億円を調達

サプライチェーン・サステナビリティ・プラットフォーム「Higg」が約65億円を調達

4月27日、消費財業界に特化したサステナビリティ・インサイト・プラットフォームのHiggは、Silversmith Capital Partnersと、脱炭素ソリューション重視の投資プラットフォームGalvanize Climate Solutionsが主導するシリーズB融資ラウンドで、5千万ドル(約65億円)の調達を発表した。

サステナブル・アパレル連合が開発した評価手法のソフトウェアを構築する公益法人として2019年に発足した Higgは、高度な分析、追跡、開示ツールを含むプラットフォームを拡張し、企業が炭素、水、エネルギー、労働への影響を含む分野でバリューチェーンのサステナビリティパフォーマンスを評価できるようにした。同社のソリューションは、企業がよりサステナブルな製品を設計し、労働者の福利厚生を拡充し、リスクと改善点を明らかにし、より持続可能なサプライヤーを特定し、データに裏付けられた主張と報告によって顧客と利害関係者を引きつけるのに役立つ。

Higgは、今回の資金調達で得た資金は、同社の技術ソリューションの提供を加速させるため、またHiggがアウトドア、自動車、玩具、家庭用品などの新たな消費財カテゴリーに進出するために使用すると述べている。

【参照ページ】
(原文)Technology platform Higg raises $50M Series B to accelerate supply chain sustainability
(日本語訳) サプライチェーンの持続可能性を加速させるテクノロジー・プラットフォーム「Higg」が5,000万ドルのシリーズBを調達

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-5

    一般社団法人サステナブルコミュニティ設立3周年イベントを開催【イベントレポート】

    2024年5月25日、サステナブルコミュニティの3周年イベントがTKP東京駅カンファレンスセンター…
  2. 2024-6-4

    エナジー・キャピタル・パートナーズ、合計67億ドルを調達と発表

    5月28日、エネルギー転換・脱炭素インフラへの投資会社であるエナジー・キャピタル・パートナーズ(E…
  3. ホワイトハウス

    2024-6-4

    バイデン政権、VCMsに関する共同声明と新原則を発表

    5月28日、バイデン政権(米国財務省)は、自主的炭素市場(VCMs)への責任ある参加のための共同声…
ページ上部へ戻る