Holcim、循環型建設プラットフォームの提供を開始

Holcim、循環型建設プラットフォームの提供を開始

4月18日、大手建材メーカーのHolcimは、建設解体資材を新しい建築ソリューションにリサイクルすることを目的とした新しい循環型技術プラットフォーム「ECOCycle」の提供を開始したことを発表した。同社は、循環型建設を拡大し、天然資源の使用を削減するために、本技術を同社の幅広い材料ソリューションに展開すると述べている。

建築資材は、環境と気候に影響を与える重要な原因となっている。例えば、セメントの生産は、世界の二酸化炭素排出量の約8%を占めており、材料1000kgを生産するごとに900kg以上の二酸化炭素が発生する。

Holcimによると、新プラットフォーム「ECOCycle」は、建設解体資材を効率的に流通、加工、粉砕、リサイクルして新しい建築ソリューションにすることで実現する。同社は、本技術により、コンクリート、セメント、骨材に10%から100%の再生建設解体材を含ませることができ、性能を損なうことなく、環境フットプリントを削減できると述べる。

本発表は、今月初めに発表されたHolcimの2023年気候報告書に続くもので、同社は昨年680万トンの建設・解体廃棄物を新しい建築ソリューションにリサイクルし、1000万トンの2025年目標を上回る見込みであることが示された。また、2030年までにセメント原料1トンあたりのスコープ1排出量を22%以上削減し、従来の475kgから420kgに引き上げるという目標も報告された。

【参照ページ】
HOLCIM LAUNCHES ECOCYCLE® TO SCALE UP CIRCULAR CONSTRUCTION

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-17

    カリフォルニア州、化石燃料大手5社にグリーンウォッシュ関連訴訟で修正訴状、利益返還の要求

    6月10日、サンフランシスコ - カリフォルニア州司法長官ロブ・ボンタは、世界最大の化石燃料企業5…
  2. 2024-6-5

    一般社団法人サステナブルコミュニティ設立3周年イベントを開催【イベントレポート】

    2024年5月25日、サステナブルコミュニティの3周年イベントがTKP東京駅カンファレンスセンター…
  3. 2024-6-4

    エナジー・キャピタル・パートナーズ、合計67億ドルを調達と発表

    5月28日、エネルギー転換・脱炭素インフラへの投資会社であるエナジー・キャピタル・パートナーズ(E…
ページ上部へ戻る