スターバックス、3,500以上の店舗を “Greener Stores “に認定

スターバックス、3,500以上の店舗を “Greener Stores “に認定

4月17日、スターバックスは、アジア太平洋(AP)、ヨーロッパ・中東・アフリカ(EMEA)を含む新たな市場にGreener Storeプログラムを拡大する中で、幅広い環境影響指標のパフォーマンスを評価する同社のフレームワークに従って、3,500以上の店舗が「Greener Store」として認定されたと発表した。

スターバックスは2018年にGreener Storeイニシアティブを開始し、米国とカナダの店舗を皮切りに、2025年までに全世界で10,000店舗のGreener Storeを達成する目標を掲げている。Greener Storeとして認定されるためには、エネルギー効率やウォーター・スチュワードシップから再生可能エネルギー、廃棄物転換に至る8つの環境影響領域にわたって、世界自然保護基金とSCSグローバルサービスとのパートナーシップで開発された25の要求基準を見事に満たし、外部監査人による検証を受けなければならない。

本基準を満たすために、店舗では、ソーラーパネルや水のリサイクルタンクなどの要素から、高効率の家電製品や空調システム、低エミッションの塗料やシーラントなどの目立たない特徴まで、さまざまな組み合わせのサステナビリティ機能が使用されている。

スターバックスによると、Greener Storeの実践により、米国ではすでに節水やエネルギー削減など、年間約6000万ドルの運営コストを削減しており、2030年までに二酸化炭素排出量、水使用量、埋立廃棄物を50%削減するという同社の「資源ポジティブ」なサステナビリティ目標に貢献している。

スターバックスは、APおよびEMEA地域の店舗の初認証に加え、すべての新店舗を本フレームワークで構築することを通じ、2023年末までに中南米・カリブ海地域(LAC)でもGreener Storesプログラムを拡大すると述べる。

【参照ページ】
(原文)Starbucks verifies 3,500 Greener Stores globally
(日本語訳)スターバックス、3,500以上の店舗を “Greener Stores “に認定

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る