ソフトウェア・スタートアップSolar Monkey、約5.4億円を調達。住宅用太陽光発電システム導入ソフトウェアの展開を加速

住宅用太陽光発電システム導入ソフトウェアのスタートアップ企業Solar Monkeyが約5.4億円を調達

8月24日、オランダに拠点を置く住宅用太陽光発電システム導入ソフトウェアのスタートアップ企業Solar Monkeyは、400万ユーロ(約5.4億円)の成長資金の調達を発表した。

2015年に設立されたSolar Monkeyは、住宅用ソーラーパネルの設置業者がより効率的に作業し、業務プロセスに費やす時間を短縮できるようなソフトウェアを提供している。同社のプラットフォームは、アルゴリズム、航空画像、3D-モデルに基づいており、顧客はソーラーパネルの設置計画の作成、ソーラーパネルの見積もり作成、太陽光発電(PV)システムのモニターを行うことができる。

今回の投資で得た資金は、Solar Monkeyの国際的な事業展開の継続と、製品提供の強化に充てられる。同社は現在、オランダ、ベルギー、スペインで活動しており、近々ドイツとイギリスでも活動する予定だ。

【参考ページ】
(原文)Solar Monkey raises €4 million to accelerate the solar energy transition in Europe
(日本語訳)ソーラー・モンキー、欧州の太陽エネルギー転換を加速させるため400万ユーロを調達

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. responsAbility、持続可能な食糧戦略のために約355億円超を調達

    2023-1-31

    responsAbility、持続可能な食糧戦略のために約355億円超を調達

    1月23日、持続可能な投資会社であるresponsAbilityは、世界の農業と食品のバリューチェ…
  2. LenovoとKuehne+Nagel、SAFの購入で輸送時の排出量をオフセットするソリューションで提携

    2023-1-31

    LenovoとKuehne+Nagel、SAFの購入で輸送時の排出量をオフセットするソリューションで提携

    1月24日、コンピュータメーカーのLenovoは、顧客がIT製品の輸送に伴う二酸化炭素排出量を最小…
  3. NYCの年金基金、大手銀行に対し厳しい排出量目標を提案

    2023-1-30

    NYCの年金基金、大手銀行に対し厳しい排出量目標を提案

    1月24日、ニューヨーク市の3つの退職年金基金と市会計監査官Brad Landerは、北米の大手銀…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る