Action Speaks Louder、Canonに対するネガティブキャンペーンを開始

12月6日、Action Speaks Louderは、Canonが気候変動対策を妨げているとするネガティブキャンペーンを開始。それに対しCanonのシンクタンクは、気候科学に関する虚偽の情報を広め、化石燃料を推進し、日本でのクリーンエネルギーへの移行を遅らせることを目的としており、その活動範囲は、国際的なメディアから学校の子どもたち、政府の政策決定機関に至るまで、あらゆるところに及んでいると批判した。

CanonのCEO兼会長であり、キヤノングローバル戦略研究所(CIGS)の監事である御手洗氏とCanon経営陣は、まず第一に、気候変動の科学を否定するCIGSの研究理事の出版物が販売停止になるまで、CIGSへの支援を取りやめなければならないとした。また、このシンクタンクの反科学的かつ化石燃料推進的な見解を決して支持しないこと、そして、こうした極端な見解のプラットフォームとして自社ブランドを利用させたガバナンスの失敗を公に検証するとの声明を発表しなければならない。

さらに、Canonは以下を行う必要があるとした。

  • 2030 年に 2010 年比で少なくとも約 45%削減(オフセットを除く)の絶対量削減目標を確約すること。
  • 2030 年までに 60%以上の再生可能エネルギーによる 100%発電を約束し、キャプティブおよび PPA を確保すること。
  • 特に日本における1.5℃関連の主要な規制や再生可能エネルギー政策への積極的な関与を含む、1.5℃に沿った気候政策への関与計画を策定し、実施すること。

【参照ページ】
(原文)Canon cutting its climate targets, a new study shows, while its think tank busy at spreading denial and conspiracy theories
(日本語参考訳)キヤノンが気候変動に関する目標を削減する一方で、シンクタンクは否定と陰謀論を広めることに忙しくしていることが、新しい研究で明らかになった。

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る