LanzaTechと住友理工、天然ゴムの代替品生産で提携

LanzaTechと住友理工、天然ゴムの代替品生産で提携

11月29日、革新的な炭素回収・転換企業LanzaTechと住友理工株式会社は、ゴム、樹脂、ウレタン廃棄物を主要化学中間体の製造に利用する共同開発契約を締結したことを発表した。

イソプレンは、植物が生産する天然ゴムの主成分であり、そのポリマーも含まれている。天然ゴムは、化石資源を原料とする合成ゴムよりも環境にやさしいとされているが、サステナビリティに関する認証や監査がないため、天然ゴムの収穫が森林破壊、生物多様性の損失、土壌侵食につながるケースもある。また、他の農業関連産業と同様、気候変動や病気は生産に深刻な影響を与える可能性がある。

イソプレンへの新たな道筋に合成生物学を用いることで、LanzaTechの自然界に存在するプラットフォームは、材料の完全性を失うことなく、リサイクルによる新たな持続可能なゴム源を生み出す可能性を持っている。

【参照ページ】
(原文)LanzaTech and Sumitomo Riko Partner to Create Substitute for Natural Rubber Production
(日本語参考訳)LanzaTechと住友理工、天然ゴムの代替品生産で提携

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る