カナダ、フォルクスワーゲン・メルセデスベンツとEVおよびバッテリーのサプライチェーン契約を締結

8月23日、カナダ政府は、ドイツの自動車メーカーであるメルセデス・ベンツおよびフォルクスワーゲンと、EVおよびバッテリーのサプライチェーンとカナダ国内での製造における、協力関係の強化と投資の促進を目的とした新しい協定を締結したと発表した。

世界中の自動車メーカーが数十億ドルを投じてEVの生産能力を増強し、EV生産のためのグローバルなサプライチェーンの確立と、EVの大量生産に必要な原材料の調達を目指している中、本発表は行われた。例えば、メルセデス・ベンツは昨年、オール電化に向けて2030年までに400億ユーロ(約5.5兆円)以上を投資する計画を発表した。フォルクスワーゲンは、2030年までに欧州での販売台数の70%以上をオール電化車にすることを約束し、新車の完全電動化も目指している。

本合意は、今年初めにカナダの2030年排出削減計画が発表されたことを受けたもので、炭素価格やクリーンエネルギーの拡大から、炭素回収の開発、ゼロエミッション車のインセンティブに至るまで、さまざまな取り組みが行われている。カナダは昨年、2030年までに温室効果ガスを40~45%削減する目標を発表し、2050年までに排出量ゼロを目指す同国の公約の最初の主要ステップを形成している。

カナダの2030年戦略には、2026年までに軽自動車の新車販売の20%以上をゼロエミッション車とし、2030年までに60%、2035年までに100%とする販売義務を導入する計画が含まれている。

また、カナダは今年、グリーンおよびデジタル移行に必要な重要な鉱物資源とバリューチェーンの開発を目的とした「重要鉱物資源戦略」を実施する計画を発表した。バッテリー、EV、クリーンテック関連の主要材料として、リチウム、グラファイト、ニッケル、銅、コバルト、希土類元素などが取り上げられている。

【参照ページ】
(原文)Canada strikes historic partnerships with leading German automakers Volkswagen and Mercedes to help meet growing demand for clean transportation solutions
(日本語訳)カナダ、フォルクスワーゲン・メルセデスベンツとEVおよびバッテリーのサプライチェーン契約を締結

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る