EU理事会と欧州議会、欧州グリーンボンドに関する暫定的な合意

 

2月28日、EU理事会と欧州議会の交渉担当者は、欧州グリーンボンド(EuGB)の創設について暫定的な合意に達した。EUは、持続可能な成長と気候ニュートラルで資源効率の高い経済への移行への資金調達に関する戦略の実施を目指している。

環境サステナブルボンドは、グリーン技術、エネルギー効率、資源効率に加え、持続可能な交通インフラや研究インフラに関連する投資資金を調達するための主要な手段の1つである。

暫定合意では、EuGBの全収益は、EUの分類法に沿った経済活動に投資される必要があるが、当該分野がすでに分類法の対象になっている場合はその限りではない。EUの分類法がまだ適用されていない分野や、特定の非常に特殊な活動に対しては、15%のフレキシビリティ・ポケットが設けられる予定である。フレキシビリティ・ポケットの必要性は、欧州の気候ニュートラルへの移行が進み、魅力的でグリーンな投資機会がますます増えていく中で、改めて評価される機会が出てくる。

本合意は、最終的に成立する前に、欧州理事会および欧州議会で確認され、両機関で採択される必要があるため、暫定的なもので、発効から12ヶ月後に適用が開始される予定である。

【参照ページ】
Sustainable finance: Provisional agreement reached on European green bonds

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る