14カ国、持続可能な沿岸・海洋観光に関する共同首脳声明

14カ国、持続可能な沿岸・海洋観光に関する共同首脳声明

3月3日、持続可能な海洋経済のためのハイレベル・パネル(海洋パネル)のメンバーは、共同首脳声明を発表した。「持続可能な海洋経済のための変革」のもと、2030年までに「沿岸および海洋をベースとした観光が持続可能で、回復力があり、気候変動に対処し、汚染を減らし、生態系の再生と生物多様性の保全を支援し、地元の雇用とコミュニティに投資する」という目標とそのための以下の優先行動を約束した。

  • 観光が依存する生態系を再生し、沿岸地域社会と先住民族の回復力を高め、機会均等と利益の公平な分配を促進することで不平等を減らし、気候変動と公害に対処する持続可能な観光に投資する。
  • 環境、社会、経済の優先事項を推進する持続可能な観光管理戦略を実施し、沿岸地域社会と先住民の完全な参加によるモニタリングと透明性のある報告を可能にする。
  • 観光収入の地元・先住民への再投資を増加させるメカニズムを導入し、観光における地元雇用の増加、経済機会の多様化、沿岸・海洋の回復と保護のための資源の増加のための能力・スキルを構築する。
  • 持続可能な観光インフラに自然ベースのソリューションを含めるための財政的インセンティブを加速させる。
  • 沿岸・海洋観光のための下水道・廃水インフラに投資し、沿岸コミュニティの健康を改善し、沿岸・海洋生態系への影響を軽減する。

これらの優先行動に対する進捗の加速を支援するため、パネルは海洋観光に関する専門家報告書「沿岸・海洋観光の変革のための機会」を委託した。海洋パネルのメンバーは各国政府および海洋・沿岸観光分野の関係者に以下のことを推進するよう呼びかける。

  • 観光セクターの誰もが、地域社会からリーダーシップを発揮する機会を提供する真のパートナーシップを支援することを含めた役割
  • 観光が海洋、気候、生物多様性の議題や関連する国際的なプラットフォームに組み込まれていることの確認
  • 観光セクター全体の排出量を削減し、パリ協定の気温目標に沿い、気温上昇を1.5℃に抑えるための取り組みを加速すること
  • 沿岸・海洋観光の回復力を向上させ、昆明・モントリオール生物多様性グローバルフレームワークとの整合性を確保するために、自然に基づく解決策を活用すること
  • ブレンデッド・ファイナンスを含む、革新的で持続可能な新しい金融メカニズム

【参照ページ】
(原文)Joint Leaders Statement on Sustainable Coastal and Marine Tourism: Supporting Climate, Biodiversity and Sustainable Ocean Economies
(日本語参考訳)14カ国、持続可能な沿岸・海洋観光に関する共同首脳声明

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-21

    人口戦略会議、全国の地方自治体の「持続可能性」について分析

    4月22日、民間団体・人口戦略会議は「地方自治体「持続可能性」分析レポート」を公表。昨年12月に公…
  2. 2024-5-21

    金融庁、主要国のサステナビリティ情報の開示・保証について報告書を発表

    4月17日、金融庁は「主要国のサステナビリティ情報等の開示・保証の動向に関する調査」をEY新日本有…
  3. 2024-5-16

    CEO半数以上がサステナビリティの優先順位が高いと回答(EY調査)

    5月7日、EYの調査によるとサステナビリティと気候変動に関する課題は、グローバルの経営層の間で再び…
ページ上部へ戻る