IAASB、サステナビリティ報告書保証基準を発表

8月2日、監査・品質管理・保証の基準設定機関である国際監査・保証基準審議会(IAASB)は、サステナビリティ報告に関する保証に焦点を当てた新基準案である「国際サステナビリティ保証基準(ISSA)5000」を発表した。

本基準は、EUが最近確定したCSRD規則、米国証券取引委員会(SEC)の今後の気候変動開示規則、国際サステナビリティ基準審議会(ISSB)が新たに立ち上げたIFRS気候変動・サステナビリティ報告基準など、サステナビリティや気候変動に関連するリスク・機会・影響に関する一連の新しい開示基準や規制要件が登場し、企業が世界的に報告を開始する準備を進めている中で発表された。

IAASBによると、新基準案は、サステナビリティ保証のグローバルな基準として設計され、どのような規模の企業が作成する情報にも適応可能である。EU、ISSB、GRI、ISOなどが発行するものも含め、適切なサステナビリティ報告フレームワークの下で作成された情報にも対応できるようになっている。

IAASBは、幅広いステークホルダーの意見を反映させるため、協議期間中、新基準に関する一連の円卓会議を開催し、バーチャル、地域的、国内的なイベントに参加するとしている。ステークホルダーに対し2023年12月1日まで、本提案に対するコメントを求めている。

【参照ページ】
(原文)IAASB LAUNCHES PUBLIC CONSULTATION ON LANDMARK PROPOSED GLOBAL SUSTAINABILITY ASSURANCE STANDARD
(日本語参考訳)IAASB、サステナビリティ報告書保証基準を発表

関連記事

⾮財務情報を企業価値として評価する取り組み事例集へのリンク

ピックアップ記事

  1. ウォルマート、サプライチェーン排出量10億トン削減目標を2030年目標より6年前倒しで達成

    2024-2-28

    Walmart、サプライチェーン排出量10億トン削減目標を2030年目標より6年前倒しで達成

    2月21日、小売大手のWalmartは、製品サプライチェーン全体で温室効果ガス排出量を10億トン削…
  2. クリーンエネルギー・プロバイダーGeoPura、グリーン水素の普及加速のため約100億円を調達

    2024-2-28

    GeoPura、グリーン水素の普及加速のため約100億円を調達

    2月22日、クリーンエネルギー・プロバイダーのGeoPuraは、同社の発電技術の生産拡大と展開拡大…
  3. SIX、銀行が中小企業のサステナビリティを評価できるソリューションを発表

    2024-2-28

    SIX、銀行が中小企業のサステナビリティを評価できるソリューションを発表

    2月22日、金融市場インフラのプロバイダーであるSIXとサステナビリティ・レポーティング・ソフトウ…

アーカイブ

ページ上部へ戻る