ECB、銀行における気候変動リスクへの対応を最優先事項として強化へ

ECB、銀行における気候変動リスクへの対応を最優先事項として強化へ

12月12日、欧州中央銀行(ECB)は、2023年から2025年にかけての監督上の優先順位を発表し、「気候変動への取り組みの強化」を銀行監督上の重点分野のひとつに設定した。

ECBは、銀行を効果的かつ一貫して監督し、銀行への期待を明確にするため、銀行が直面する主な脆弱性とリスクの判断に基づき、今後3年間の重点的な監督を決定するために、毎年監督上の優先事項を定めている。最優先課題は、気候変動への注力の強化に加え、当面のマクロ金融・地政学的ショックに対する銀行の耐性を強化すること、銀行がデジタル化に効果的に対処し、経営組織の舵取り能力を強化することなどが挙げられた。

ECBは7月に気候変動ストレステストの結果を発表し、銀行は気候変動リスクをリスク管理枠組みに組み込むことを早急に進める必要があり、銀行は依然として排出集約型産業へのエクスポージャーが大きいことを指摘した。

またECBは先月、銀行の気候リスク関連戦略とガバナンスおよびリスク管理の枠組みに関するテーマ別レビューを発表し、多くの銀行が基本的な慣行を導入しているものの、大半は気候・環境リスクに関する高度な方法論と詳細な情報を備えておらず、ほぼすべての銀行がこれらのリスクの幅と大きさを特定する上で盲点となっているとの調査結果を発表している。

ECBがウェブサイトで公開している2023年~2025年の優先事項に関する議論の中で、ECBは銀行が気候変動の課題と機会に対処する必要性を「緊急性を増している」とし、気候変動リスクをもはや長期的あるいは新興のものとは考えていないとしている。

ECBはまた、気候変動リスクの優先事項の一環として、気候変動ストレステストとテーマ別レビューから特定された欠点をフォローアップするためのターゲット深堀り、銀行の気候変動リスク開示要件の遵守状況のレビュー、銀行の気候・環境戦略やリスクに関連した風評リスクや訴訟リスクの深堀り、銀行の移行計画能力と今後の規制義務におけるESG対応力をレビューする準備作業、気候関連側面に関するオンサイト検査(OSIs)などの一連の計画的活動を発表している。

【参照ページ】
(原文)ECB Banking Supervision: SSM supervisory priorities for …
(日本語参考訳)ECB、銀行における気候変動リスクへの対応を最優先事項として強化へ

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る