米エネルギー省、クリーンカー減税の対象車種を発表

4月17日、米エネルギー省はインフレ抑制法の「クリーンカー減税」対象となる車種リストを発表した。

本減税の利用は、車両の希望小売価格、最終組立場所、バッテリー部品や重要鉱物の調達、修正調整総所得(AGI)を含むいくつかの要因によって決まる。

本リストは、2022年12月31日から4月17日以前に購入した車種と、4月18日以降に購入した車種の2つで構成されている。4月17日以前の対象リストでは、日産自動車「リーフ」、フォルクスワーゲン「ID.4」シリーズ、ボルボ「S60」シリーズ、アウディ「Q5 TFSI e Quattro」、BMW「330e」「X5 xDrive45e」が含まれている。一方、重要鉱物要件が加わる4月18日以降の対象リストでは、日産自動車「リーフ」、フォルクスワーゲン「ID.4」シリーズ、ボルボ「S60」シリーズ、アウディ「Q5 TFSI e Quattro」、BMW「330e」「X5 xDrive45e」のいずれも対象から外れている。日本メーカーの車種はゼロとなった。

2023年以前に購入された適格車両は、最大7,500ドル(約100万円)、2023年以降に購入された中古車は、最大4,000ドル(約50万円)の税額控除を受けることができる。州および地域の税制優遇措置も適用される場合がある。

7,500米ドル(約100万円)減税の対象車には、クライスラー、キャデラック、シボレーの各車種が含まれる。電池部品要件を満たさず半額の3,750ドル(約50万円)減税の対象車には、フォード、ジープ、リンカーンの各車種が含まれる。テスラについては、「Tesla Model 3 Standard Range RWD」のみが3,750ドル(約50万円)、その他の車種が満額の7,500ドル(約100万円)の減税となる。

【参照ページ】
Federal Tax Credits for Plug-in Electric and Fuel Cell Electric Vehicles Purchased in 2023 or After
Federal Tax Credits for Pre-owned Plug-in Electric and Fuel Cell Vehicles

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る