フォード、PT Vale Indonesia及び華友鈷業とニッケル契約を締結

3月30日、PT Vale Indonesiaと中国の華友鈷業は、世界的な自動車大手のフォードと合意し、インドネシアでより持続可能なニッケル生産を進め、EVのバッテリーをより安価にするための3者協力関係を構築すると発表した。

3社は、インドネシアのジョコ・ウィドド大統領が出席した式典で、最終合意書を締結し、ポマラア・ブロック高圧酸浸出法(HPAL)プロジェクトに資本参加することを決定した。

本プロジェクトでは、PT Vale Indonesiaが保有するポマラアブロック鉱山から供給される鉱石を処理し、MHPを製造する。HPALプラントは、インドネシア南西部スラウェシ州コラカのポマラアブロックニッケル工業地区において、PT Kolaka Nickel Indonesiaの下で操業される予定である。本プロジェクトは、規制当局の承認を前提として、ニッケルを多く含む正極を持つEV用バッテリーに使用される低コストのニッケル製品である混合水酸化物沈殿物(MHP)の形で、年間最大120キロトンのニッケル含有量を生産することができる。

本プロジェクトは、すでに初期段階における準備を開始しており、今年中に本格的な建設を開始、2026年に商業運転を開始する予定である。本締結は、自動車産業のEVシフトに不可欠な材料を提供し、インドネシアのEV製造産業を強化する。さらに、2026年末までに200万台のEV生産ランレートの実現も掲げている。

本契約は、昨年11月に行われたPT Vale Indonesiaのポマラー・ブロックの起工式に続くもの。本ブロックは、最大67.5兆ルピア(約6,000億円)を投資する国家戦略プロジェクトであり、12,000人の建設雇用を生み出すことが期待されている。

【参照ページ】
(原文)PT VALE INDONESIA AND HUAYOU SIGN NICKEL AGREEMENT WITH FORD MOTOR CO. SUPPORTING GROWTH OF THE GLOBAL SUSTAINABLE EV INDUSTRY
(日本語訳)フォード、PT Vale Indonesia及び華友鈷業とニッケル契約を締結

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る