HoneywellとGranBio、カーボンニュートラルな持続可能航空燃料で提携

10月10日、産業用製品・ソリューション・テクノロジー企業のHoneywellと、産業用バイオテクノロジー企業のGranBioは、カーボンニュートラルな持続可能な航空燃料(SAF)を製造するために、それぞれの技術を組み合わせる共同研究を発表した。

SAFは、現在世界の温室効果ガス(GHG)排出量の2~3%を占める航空産業の脱炭素化を支援する重要な手段のひとつと考えられている。航空会社が気候変動目標を達成するための重要な解決策の1つとしてSAF技術に注目し、また各国政府が自らの脱炭素化目標を達成するためにSAFの使用拡大を義務付け始めたことから、SAFの需要は今後数年間で劇的に増加する可能性が高い。例えばEUは最近、SAFの最低使用量を義務付ける法律の採択を発表し、2050年までに混合燃料の70%まで増加させるとしている。

しかし、SAFの生産に使用されている現在の技術の多くは、必要な原料の供給が限られていることが多く、こうした野望を支えるのに必要な規模に達することが困難な場合がある。

ブラジルを拠点とするGranBioのセルロース系エタノール “AVAP “技術は、森林残渣や農業残渣などのバイオマスを、純粋な低コスト、低炭素強度の糖、リグニン、ナノセルロースに変換する。Honeywellのエタノール・トゥ・ジェット(ETJ)技術を使用すると、セルロース系糖類をSAFに変換することができる。

新プロセスの主な利点として、両社は、豊富で低コストの原料の使用と、バリューチェーンを通しての経済的上昇を強調した。両社は、AVAPプロセスとHoneywellのETJ技術から得られる森林バイオマス由来エタノールを使用することで、ライフサイクル全体で排出量をネット・ゼロにすることができると付け加えた。

新たな提携によるSAFは、GranBioが米国で建設予定の実証プラントで生産される。GranBioの子会社であるAVAPCOは、米国エネルギー省から8000万ドル(約119億円)の助成金を受けることが決定しており、この実証プラントは稼働開始と同時に年間約200万ガロンのSAFを生産する予定である。

【参照ページ】
(原文)Honeywell And Granbio To Produce Carbon Neutral Sustainable Aviation Fuel
(日本語参考訳)ハネウェルとグランバイオ、カーボンニュートラルで持続可能な航空燃料を製造

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. 2024-4-12

    BCG支援のVC、Bキャピタル、気候変動プラットフォームのリードへ向け新たな幹部を発表

    4月8日、マルチステージのベンチャー投資会社であるBキャピタルは、気候変動投資プラットフォームの拡…
  2. 日本、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    2024-4-11

    SSBJ(サステナビリティ基準委員会)、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    4月3日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)は、IFRS財団の国際サステナビリティ基準委員会(…
  3. 2024-4-11

    ブラックロック、ESG政策を理由に1.3兆円の資産売却を決定したテキサス州を「無謀」とし、再考を促す

    3月21日、ブラックロックは、テキサス州教育委員会がエネルギー企業への「ボイコット」とESG投資慣…

アーカイブ

ページ上部へ戻る