グーグル、道路交通の排出ガス対策にAIベースのソリューションを展開

グーグル、道路交通の排出ガス対策にAIベースのソリューションを展開

10月10日、グーグルは、世界12都市でAIを活用して都市の交通排出量削減を支援する「Project Green Light」の導入など、交通とエネルギー排出への対応を目的とした一連の製品機能の導入と拡張を発表した。

Green Lightは、信号待ちで発生する排出ガスを削減するためのソリューションである。本ソリューションでは、AIとグーグルマップベースの運転傾向を利用して、信号機計画の最適化を提案し、都市のエンジニアが既存のインフラを利用して、わずか5分で実施できる。隣接する複数の交差点を最適化し、青信号の波を作ることで、都市は交通の流れを改善し、ストップ・アンド・ゴーの排出を削減することができる。

本ソリューションは現在、アブダビ、バリ、バンガロール、ブダペスト、ハイファ、ハンブルグ、ハイデラバード、ジャカルタ、コルカタ、マンチェスター、リオデジャネイロ、シアトルを含む12都市の70の交差点で使用されている。初期の数字では、交差点での停止時間を最大30%削減し、排出ガスを最大10%削減できる可能性が示されている。

グーグルによると、信号機の最適化のために信頼できるデータを取得するのは難しく、コストもかかるため、多くの都市の交通エンジニアは古い設定に頼っているという。Green Lightがなければ、多くのデータは高価なセンサーや手作業による車両カウントによるもので、エンジニアは重要なパラメータに必要な情報を得ることができなかった。

Green Lightは、各交差点の構造、交通パターン、信号スケジュール、交通量と信号スケジュールの相互作用、信号機間の相互作用を含むAIモデルに基づいている。何千もの交差点を同時に分析することが可能で、市内の複数の交差点の流れを改善する。

グーグルはまた、米国、カナダ、ヨーロッパ、エジプトで利用可能な既存のルーティングに加え、今年、インドとインドネシアでもグーグルマップで燃費効率の良いルーティングを展開する予定であると述べた。さらに、これら2カ国では、より多くの人々がより持続可能な方法で移動できるよう、二輪車用の低燃費ルートを追加する予定だ。

低燃費ルーティングは、AIを使用して、坂道が少なく、交通量が少なく、一定の速度で、ETAが同じか同等のルートを提案する。2021年10月の開始以来、240万トンを超えるCO2e排出の防止に貢献したと推定されており、これは約50万台の燃料を使用する自動車が1年間道路から離れることに相当する。

同社が発表した追加機能には、鉄道のような持続可能な代替交通手段を見つける手助けをするものがあり、近々、フライトを検索する際に新しい鉄道ルート候補が検索に表示されるようになる。

【参照ページ】
(原文)Project Green Light’s work to reduce urban emissions using AI
(日本語参考訳)プロジェクト・グリーンライトによるAIを活用した都市排出削減活動

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る