気候テック・スタートアップRevalue Nature、炭素プロジェクト拡大に向け1,000万ドルを調達

7月27日、気候テックのスタートアップであるRevalue Natureは、1,000万ドル(約14億円)を調達したと発表した。本調達資金は、炭素プロジェクト開発者向けのツールやサービスを提供する事業の拡大を支援することを目的としている。

2022年に設立されたロンドンを拠点とする同社は、自然をベースとする炭素プロジェクト開発企業に対し、初期評価から資金調達、クレジットの発行に至るまで、エンドツーエンドのソリューションを提供している。

Revalue Natureによると、本資金調達により、同社はパートナーシップと次世代プロジェクトのパイプラインを拡大し、気候技術ツールとプラットフォームの機能を拡張することができる。

シリーズA資金調達ラウンドは、Ecosystem Integrity Fund(EIF)とSJF Venturesが主導した。

【参照ページ】
Revalue Nature has raised $10 million in Series A funding to rethink carbon project development from the ground up.

関連記事

⾮財務情報を企業価値として評価する取り組み事例集へのリンク

ピックアップ記事

  1. ウォルマート、サプライチェーン排出量10億トン削減目標を2030年目標より6年前倒しで達成

    2024-2-28

    Walmart、サプライチェーン排出量10億トン削減目標を2030年目標より6年前倒しで達成

    2月21日、小売大手のWalmartは、製品サプライチェーン全体で温室効果ガス排出量を10億トン削…
  2. クリーンエネルギー・プロバイダーGeoPura、グリーン水素の普及加速のため約100億円を調達

    2024-2-28

    GeoPura、グリーン水素の普及加速のため約100億円を調達

    2月22日、クリーンエネルギー・プロバイダーのGeoPuraは、同社の発電技術の生産拡大と展開拡大…
  3. SIX、銀行が中小企業のサステナビリティを評価できるソリューションを発表

    2024-2-28

    SIX、銀行が中小企業のサステナビリティを評価できるソリューションを発表

    2月22日、金融市場インフラのプロバイダーであるSIXとサステナビリティ・レポーティング・ソフトウ…

アーカイブ

ページ上部へ戻る