エネルギー会社Iberdrola、再生可能エネルギー開発資金1400億円を調達

4月26日、世界的なエネルギー・電力供給会社であるIberdrola(以下、イベルドローラ)は、サンタンデール銀行と過去最大のグリーンローンを締結し、欧州全域の再生可能エネルギープロジェクトの開発資金として10億ユーロ(約1,400億円)の調達を発表した。

本契約は、イベルドローラの掲げる、サステナブル・ファイナンスの利用を拡大し、再生可能エネルギーのポートフォリオを大幅に拡大する目標を前進させる。昨年、イベルドローラは、グリーン・サステナブル商品の比率を高めていく計画を発表しており、2025年までに負債の約3分の2を占めると推定している。本融資により、イベルドローラのESGファイナンスは410億ユーロ(約5兆6,000億円)を超える。

イベルドローラは2020年後半に750億ユーロ(約10兆円)の資本計画を発表した。その中には今後数年間の再生可能エネルギーへの大規模な投資が含まれており、同社は2025年までに再生可能エネルギー容量をほぼ2倍にする想定。今後10年間で、1,500億ユーロ(約20兆円)を投資し、再生可能エネルギー容量3倍、ネットワーク資産2倍を目標としている。

今回のグリーンローンは、輸出信用機関(ECA)の支援を受けている。最長15年の期間で、主にスペイン、ポーランド、ギリシャ、ドイツ、英国におけるプロジェクトで、洋上および陸上風力発電用のタービンサプライヤーへの発注資金として使用される予定。洋上風力発電の開発はイベルドローラの重要な注力分野で、2030年までに現在の約10倍となる12,000MWの洋上風力発電の稼働を見込んでおり、全世界で300億ユーロ(約4兆円)以上の累積投資が予想されている。

【参照ページ】
(原文)Iberdrola signs its largest green loan in the amount of €1 billion with the guarantee of an Export Credit Agency
(日本語訳)イベルドローラ、輸出信用機関の保証を受けて、10億ユーロの最大のグリーンローンに署名

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. 2022-5-25

    WBA、日本企業の人権に関するパフォーマンスを分析

    5月17日、ビジネスにおけるSDGs推進国際NGOのWorld Benchmarking Alli…
  2. 2022-5-25

    東京証券取引所、9月からカーボン・クレジット試行取引を開始

    5月16日、株式会社日本取引所グループ(JPX)は、経済産業省が実施する委託事業「令和3年度補正カ…
  3. 海

    2022-5-25

    UNEP、海洋石油・ガスの探査・生産に伴う財務リスクと環境影響に関するレポート発行

    5月、国連環境計画(UNEP)は、 海洋石油・ガスの探査・生産に伴う財務リスクと環境影響を分析した…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る