H&Mグループ、サプライチェーン脱炭素化に向けRondo Energyと提携

6月19日、H&MグループがRondo Energyに投資し、同社の戦略的投資家諮問委員会に参加すると発表した。これにより、熱エネルギー貯蔵技術を活用し、サプライチェーンの環境負荷を削減することを目指している。

H&Mグループは、Rondoのゼロカーボン産業用熱・電力技術を使用し、グローバルなサプライチェーンの工場での化石燃料によるエネルギ―使用をクリーンエネルギーに置き換える計画だ。Rondoは、再生可能エネルギーを電力に使用することで徹底的な脱炭素化を実現する。

Rondo Energyの創設者ジョン・オドネルは「生地の製造には大量の低コストエネルギーが必要で、Rondoのレンガバッテリーはそのニーズに最適だ」と述べている。H&Mグループは、Rondoの技術がサプライチェーンでどのように活用できるかを探るために提携し、戦略的投資家諮問委員会の一員として参加する。

東南アジアは世界の繊維産業の中心地であり、H&Mグループはこの地域でのポジティブな影響をさらに拡大しようとしている。なお、5月にはRondoとSCG Cleanergyは、東南アジア初の熱バッテリーを発表し、タイで大規模な生産能力を確立している。

【参照ページ】
(原文)H&M Group invests in Rondo Energy to further strengthen their climate strategy
(日本語参考訳)H&Mグループ、気候戦略のさらなる強化のためロンド・エナジーに投資

関連記事

“ホワイトペーパーへのリンク"

おすすめ記事

  1. ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…
  2. CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
  3. ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    2024-4-30

    ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    ESG投資の流れは国内外において拡大を続けている分野であり、注目を集めている。投資家のニーズに応え…

ピックアップ記事

  1. 2024-7-11

    ISO、ネット・ゼロ達成に向けた国際基準策定開始

    6月27日、国際標準化機構(ISO)はネット・ゼロに向けた初の国際基準の策定を開始したことを発表し…
  2. 2024-7-10

    Accenture、ESGに関する新たなレポートを公表

    6月26日、Accentureは「ESGレポート:コンプライアンスから競争優位性へ」という新たなレ…
  3. 2024-7-9

    CO2 AI、大規模な製品のカーボンフットプリントを計算するソリューションを発表

    サステナビリティ・プラットフォーム提供会社のCO2 AI は、企業が製品のカーボンフットプリント(…
ページ上部へ戻る