トタルエナジーズ、コア・ソーラーを買収し、アメリカの再生可能エネルギーを10GW超に拡大

4月27日、エネルギー企業のトタルエナジーズは、太陽光発電会社のコア・ソーラーの買収を発表した。4GWの太陽光発電と蓄電池のポートフォリオが加わり、アメリカの再生可能エネルギー産業における同社のプレゼンスは大幅に強まっていく。本買収により、トタルエナジーズがアメリカで操業中、建設中、開発中の再生可能エネルギープロジェクトのパイプラインは10GWを超える。

本買収は、トタルエナジーズによるアメリカ再生可能エネルギー市場への大規模な参入を意味する。同社は昨年、SunChase Powerから220万kWの太陽光発電プロジェクトの開発パイプラインと60万kWの蓄電池資産を買収、ハンファエネルギーと共同で160万kWの太陽光プロジェクトを開発した。最近ではサンパワーの産業・商業太陽光ビジネスを2億5000万ドル(約325億円)で買収している。また、ニューヨーク州およびニュージャージー州の沖合で3GWの風力発電所の開発にも着手しており、2030年までに全世界で再生可能エネルギーによる発電設備容量を100GWとする目標を掲げている。

【参照ページ】
(原文)TotalEnergies adds 4 GW to its Renewable Energy Portfolio with the Acquisition of Core Solar
(日本語訳)TotalEnergies、Core Solarの買収により、再生可能エネルギーポートフォリオに4GWを追加

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. responsAbility、持続可能な食糧戦略のために約355億円超を調達

    2023-1-31

    responsAbility、持続可能な食糧戦略のために約355億円超を調達

    1月23日、持続可能な投資会社であるresponsAbilityは、世界の農業と食品のバリューチェ…
  2. LenovoとKuehne+Nagel、SAFの購入で輸送時の排出量をオフセットするソリューションで提携

    2023-1-31

    LenovoとKuehne+Nagel、SAFの購入で輸送時の排出量をオフセットするソリューションで提携

    1月24日、コンピュータメーカーのLenovoは、顧客がIT製品の輸送に伴う二酸化炭素排出量を最小…
  3. NYCの年金基金、大手銀行に対し厳しい排出量目標を提案

    2023-1-30

    NYCの年金基金、大手銀行に対し厳しい排出量目標を提案

    1月24日、ニューヨーク市の3つの退職年金基金と市会計監査官Brad Landerは、北米の大手銀…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る