トタルエナジーズ、コア・ソーラーを買収し、アメリカの再生可能エネルギーを10GW超に拡大

4月27日、エネルギー企業のトタルエナジーズは、太陽光発電会社のコア・ソーラーの買収を発表した。4GWの太陽光発電と蓄電池のポートフォリオが加わり、アメリカの再生可能エネルギー産業における同社のプレゼンスは大幅に強まっていく。本買収により、トタルエナジーズがアメリカで操業中、建設中、開発中の再生可能エネルギープロジェクトのパイプラインは10GWを超える。

本買収は、トタルエナジーズによるアメリカ再生可能エネルギー市場への大規模な参入を意味する。同社は昨年、SunChase Powerから220万kWの太陽光発電プロジェクトの開発パイプラインと60万kWの蓄電池資産を買収、ハンファエネルギーと共同で160万kWの太陽光プロジェクトを開発した。最近ではサンパワーの産業・商業太陽光ビジネスを2億5000万ドル(約325億円)で買収している。また、ニューヨーク州およびニュージャージー州の沖合で3GWの風力発電所の開発にも着手しており、2030年までに全世界で再生可能エネルギーによる発電設備容量を100GWとする目標を掲げている。

【参照ページ】
(原文)TotalEnergies adds 4 GW to its Renewable Energy Portfolio with the Acquisition of Core Solar
(日本語訳)TotalEnergies、Core Solarの買収により、再生可能エネルギーポートフォリオに4GWを追加

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. 2022-5-25

    WBA、日本企業の人権に関するパフォーマンスを分析

    5月17日、ビジネスにおけるSDGs推進国際NGOのWorld Benchmarking Alli…
  2. 2022-5-25

    東京証券取引所、9月からカーボン・クレジット試行取引を開始

    5月16日、株式会社日本取引所グループ(JPX)は、経済産業省が実施する委託事業「令和3年度補正カ…
  3. 海

    2022-5-25

    UNEP、海洋石油・ガスの探査・生産に伴う財務リスクと環境影響に関するレポート発行

    5月、国連環境計画(UNEP)は、 海洋石油・ガスの探査・生産に伴う財務リスクと環境影響を分析した…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る