WalmartとFedEx、GMの脱炭素化事業で数千台の電気バンを発注

WalmartとFedEx、GMの脱炭素化事業で数千台の電気バンを発注

1月6日、GMの商用配送と物流の脱炭素化に特化した子会社BrightDropは、WalmartとFedExから数千台の電動配送バンを受注し、各社の配送ネットワークの排出量削減の取り組みを支援すると発表した。

CES 2022で発表されたこの契約は、 Walmart がBrightDropの初注文として、同社の電動配送車EV600と小型のEV410を5000台予約し、 FedEx が昨年500台を予約したのを大幅に拡大し2,000台を追加したもので、この契約により、同社の電動配送車に対する需要が拡大する。さらにGMは、 FedEx が今後数年間で最大2万台を追加する計画を進めていると述べている。

WalmartとFedEx はそれぞれ最近、配送網の電化と脱炭素化に関するコミットメントを発表している。 Walmart は2040年までに全世界でゼロエミッションを達成することを約束しており、その取り組みには、全車両の電動化とゼロエミッション化、再生可能エネルギー100%による施設の電力供給、店舗やクラブ、データ・配送センターにおける冷房用の低負荷冷媒と電化機器への移行が含まれている。 FedExは昨年 、車両の電気化、持続可能なエネルギー、炭素分離などの分野に数十億ドルを投資し、業務の中核を確保する2040年の目標も発表している。

【参照ページ】
(参考記事)GM’s electric commercial vehicle unit signs deals with Walmart, FedEx

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-8

    IBM、ESGデータプラットフォームにCSRD対応機能を追加

    4月30日、IBMは、ESGデータの収集、分析、報告プ​​ラットフォーム「IBM Envizi」の…
  2. 2024-5-8

    IFRS、EFRAG、ISSB/CSRD報告基準に双方に対応する企業向けガイダンスを発行

    5月2日、IFRS財団と欧州財務報告諮問グループ(EFRAG)は、ESRS-ISSB基準の相互に共…
  3. 2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
ページ上部へ戻る