Morningstar、新しいインデックススイートを提供開始

Morningstar、新しいインデックススイートを提供開始

2月21日、投資調査会社Morningstarは、環境・社会テーマにわたる特定の国連持続可能な開発目標(SDGs)に沿った収益を持つ企業へのエクスポージャーを投資家に提供することを目的とした新しいベンチマーク群「Morningstar・グローバル・サステナブル・アクティビティ・インボルブメント・インデックス(SAI)」を開始した。

国連SDGsとは、「持続可能な開発のための2030アジェンダ」の一部として採択された17項目の目標を指し、貧困と飢餓の撲滅、教育の改善、環境の保護などの目標を掲げ、地球を守り、世界的に生活の質を向上させることを目的としている。

新しいSAIシリーズのインデックス参加企業は、厳格なESGスクリーニングの合格に加え、1つ以上のインパクト・テーマに沿った大規模な収益を上げている必要がある。インデックスのウェイトは、SDGsに関連する活動から得られる収益の割合が最も高い企業に傾斜しており、環境および社会的インパクトのテーマに対するインデックスのエクスポージャーを強化する。

新しいインデックスは、気候変動、人間開発、資源確保、健全な生態系、基本的ニーズなど、特定のインパクトテーマを対象とした5つのインデックスと、3つのマルチインパクトインデックス、グローバルインパクトテーマインデックスでスタートする。

新しいインデックスが利用するESGと収益のスクリーンは、SustainalyticsのESGインパクト・フレームワークに基づいている。Morningstarは2020年にSustainalyticsを買収し、当時、同社のリサーチやソリューションにESGデータやインサイトを統合する予定であると述べていた。

【参照ページ】
(原文)Morningstar Introduces Global Sustainable Activities Involvement Indexes
(日本語参考訳)Morningstar、新しいインデックススイートを提供開始

関連記事

サスティナビリティ情報開示の潮流へのリンク

ピックアップ記事

  1. 2023-10-4

    【再確認】生物多様性とは?保全から開示へ。事業にとってなぜ重要なのか解説。

    生物多様性は、1992年のリオ宣言の際に生物の多様性に関する条約が採択されたことから、地球の持続可…
  2. アリアンツ、初のネット・ゼロ移行計画を発表 

    2023-10-3

    アリアンツ、初のネット・ゼロ移行計画を発表 

    9月7日、アリアンツは初の包括的なネット・ゼロ移行計画を発表した。本計画は、アリアンツ独自の投資ポ…
  3. 2023-10-3

    UNEP FI、ISSBアジェンダ優先事項に関するIFRS協議に回答

    9月2日、国連環境計画金融イニシアティブ(UNEP FI)は、ISSBの最初の基準である2022年…

アーカイブ

ページ上部へ戻る