ICMM、資源採掘・金属セクター向けのスコープ3排出量目標の設定に向けたガイダンスを発表

12月13日、国際金属・鉱業評議会(ICMM)は、資源採掘・金属セクター向けのスコープ3排出量の目標設定ガイダンスを発表した。本ガイダンスは、資源採掘・金属セクターにおけるスコープ3排出量の目標設定に関する指針で、透明性とステークホルダーとのエンゲージメントの重要性が強調されている。

資源採掘・金属セクターは、スコープ3が全体の95%を占め、これは他の企業の平均75%よりも高い割合である。本ガイダンスは、EU、米国、英国、カナダ、オーストラリアの規制枠組みと、2022年3月に設立された国連「非国家主体のネットゼロのコミットメントに関するハイレベル専門家会合」のガイダンスとの整合性を考慮している。

企業の成熟度を4つの段階に分類し、それぞれのフェーズにおいて「会計と報告」「排出量が多いホットスポットの特定」「事業との統合」「カーボンニュートラルへのパスウェイの評価」「ガバナンス」の5つの分野に関するフレームワークを提示し、最低限推奨される手順を概説している。

ICMMは11月、スコープ3排出量の情報開示に関するガイダンスを発表しており、今回のガイダンスはそれに基づく。情報開示ガイダンスは、GHGプロトコルに基づいており、資源採掘・金属セクターの特有の特徴に合わせて調整された。本セクターは地域、商品、プロセスが異なるため、各企業は適切な情報開示の手法を選択する必要がある。 GHGプロトコルの5つの原則に加え、「スコープ3排出量における定量、定性的なマテリアリティの特定」「必要最低限のバウンダリーの定義」「データ改善」「算定方法」など、4つのテーマについても概説している。

【参照ページ】
(原文)ICMM publishes new guidance on setting reduction targets on Scope 3 emissions
(日本語参考訳)ICMM、スコープ3排出量の削減目標設定に関する新ガイダンスを発表

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. 2024-4-12

    BCG支援のVC、Bキャピタル、気候変動プラットフォームのリードへ向け新たな幹部を発表

    4月8日、マルチステージのベンチャー投資会社であるBキャピタルは、気候変動投資プラットフォームの拡…
  2. 日本、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    2024-4-11

    SSBJ(サステナビリティ基準委員会)、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    4月3日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)は、IFRS財団の国際サステナビリティ基準委員会(…
  3. 2024-4-11

    ブラックロック、ESG政策を理由に1.3兆円の資産売却を決定したテキサス州を「無謀」とし、再考を促す

    3月21日、ブラックロックは、テキサス州教育委員会がエネルギー企業への「ボイコット」とESG投資慣…

アーカイブ

ページ上部へ戻る