日本政府、GX実行会議で2.4兆円の支援予算発表。重工業、モビリティ、エネルギー、不動産分野に焦点

日本政府、GX実行会議で2.4兆円の支援予算を発表 – 重工業、モビリティ、エネルギー、不動産分野に焦点

12月15日、日本政府は、GX実行会議を開催し、2024年以降において重工業、モビリティ、エネルギー、不動産分野におけるCO2排出量削減のための研究開発や設備投資に2.4兆円の支援予算を計画していることを発表した。経済産業省は、2024年度予算審議に向けた前倒しの事前決定と位置づけている。

今回の発表では、閣議決定されたGX基本方針の22分野に焦点を当て、各分野ごとに「GX実現に向けた専門家ワーキンググループ」での協議を経て、「分野別投資戦略」をまとめたもの。発表された分野は、すでに2021年度第3次補正予算で創設された2兆円の「グリーンイノベーション基金」の対象分野も含まれている。

また、税制措置としては、EV、グリーンスチール、グリーンケミカル、SAF、半導体の一部などが挙げられ、生産段階でのコストが高い戦略分野における税額控除「戦略分野国内生産促進税制(仮称)」が導入されることが決まった。これは生産開始後の段階でのコスト削減を狙ったもので、最大40%の法人税額控除が可能となる。

財源としては、GX経済移行債(クライメート・トランジション・ボンド)の発行に加えて、カーボンプライシングが採用される。2023年度からはGXリーグでの自主取引、2026年度からのGXリーグの自主的取引の本格稼働、2028年度からは一部の化石燃料卸事業者への賦課金、2033年度からは発電分野の有償オークションが導入される予定。

中堅・中小企業には、中小企業基盤整備機構(中小機構)を通じたカーボンニュートラル相談窓口や経営相談の強化が行われ、省エネ設備の更新に向けた支援メニューも強化される。スタートアップ支援には、5年間で2,000億円規模の支援が導入され、国際戦略ではアジア・ゼロエミッション共同体(AZEC)高層での重点分野がマイクログリッド、ペロブスカイト太陽電池、EV、水素、バイオ燃料、ヒートポンプ、二酸化炭素排出量算定ツールとなった。

【参照ページ】
GX実行会議(第10回)

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. KKR、米国の再生可能エネルギー開発企業Avantusの過半数株式を取得

    2024-4-5

    KKR、米国の再生可能エネルギー開発企業Avantusの過半数株式を取得

    3月21日、代替資産およびプライベート・エクイティ投資家であるKKRは、米国の太陽光発電および蓄電…
  2. 2024-4-5

    経産省・国交省、秋田県八峰町及び能代市沖における洋上風力発電事業者を選定

    3月22日、経済産業省及び国土交通省は、再エネ海域利用法に基づく海洋再生可能エネルギー発電設備整備…
  3. 2024-4-5

    日産、2030年度までにEVコスト30%削減。ICE車と同等のコスト実現を目指す

    3月25日、日産自動車は、自社の価値と競争力を向上させる新たな経営計画「The Arc」を発表した…

アーカイブ

ページ上部へ戻る