GPIF、ESGインデックス「FTSE Blossom Japan Sector Relative Index」を採用

3月30日、年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は、ESGインデックス「FTSE Blossom Japan Sector Relative Index」の採用を発表した。今後7,600億円規模でのパッシブ運用を開始する。同指数への投資により、ポートフォリオのリスク調整後リターン改善に加え、市場や経済の持続可能性の向上が期待されている。

GPIFは、FTSE Russell社のESG 評価を中心に企業の気候変動リスクや機会に対する経営姿勢も評価し、本インデックスを採用した。またGPIFは指数を採用する際の審査において、以下の4つのポイントを重視している。

①指数のウエイト付けや銘柄選定において、ESG 評価が重視されていること
② ESG 評価の透明性が高く、企業側にも評価手法が分かりやすく、市場の底上げが期待される指数であること
③ 特定の業種・業態の企業を選定除外とするネガティブスクリーニングが含まれない指数であること
④ 親指数に対するトラッキングエラーが比較的小さく、投資キャパシティが大きいティルト型や組み入れ銘柄数が多い指数であること

GPIFは、既に採用している指数の改善に向けたエンゲージメントや新たな指数の採用を行い、ESG 投資やスチュワードシップ活動を通じて、投資先や市場全体の持続的成長による長期的な収益の確保を目指す。

【参照ページ】
国内株式を対象とした ESG 指数を採用しました

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-21

    人口戦略会議、全国の地方自治体の「持続可能性」について分析

    4月22日、民間団体・人口戦略会議は「地方自治体「持続可能性」分析レポート」を公表。昨年12月に公…
  2. 2024-5-21

    金融庁、主要国のサステナビリティ情報の開示・保証について報告書を発表

    4月17日、金融庁は「主要国のサステナビリティ情報等の開示・保証の動向に関する調査」をEY新日本有…
  3. 2024-5-16

    CEO半数以上がサステナビリティの優先順位が高いと回答(EY調査)

    5月7日、EYの調査によるとサステナビリティと気候変動に関する課題は、グローバルの経営層の間で再び…
ページ上部へ戻る