Bloomberg、Ørstedと15年間の再エネ契約を締結

1月18日、世界的なエネルギー開発企業であるØrstedは、ビジネス・金融市場情報サービスプロバイダーであるBloombergと15年間の長期再生可能エネルギー電力購入契約(PPA)を締結したと発表した。

本契約に基づき、ØrstedはBloombergに対し、現在建設中のテキサス州モッキンバード・ソーラーセンター・プロジェクトで発電された80メガワットの電力を供給する。

Bloombergは、世界的な企業イニシアティブ「RE100」のメンバーとして、2025年までに電力の100%を再生可能エネルギーから調達することを約束している。今回のØrstedとの新たな契約締結により、同社は米国内の電力使用量の100%、世界全体の電力使用量の80%を再生可能エネルギーで賄うことが可能になる見込みだ。

Ørstedは、2023年初頭にテキサス州パリ近郊を拠点とするモッキンバード・プロジェクトへの最終投資決定を発表した。この471MWの太陽光発電プロジェクトは、4,900エーカーの面積をカバーし、年間80,000世帯以上の電力に相当する再生可能エネルギーを発電できる見込みで、Ørstedにとって米国最大の太陽光発電プロジェクトとなる。また、本プロジェクトは、Ørstedとネイチャー・コンサーバンシー(TNC)の間で締結された1,000エーカーの保護協定により、原生の高草原を保護する自然保護活動を取り入れたØrsted初のプロジェクトでもある。

BloombergとのPPAにより、モッキンバード・プロジェクトは完全に契約済みとなり、コベストロやロイヤルDSMを含む企業との追加契約も予定されている。

【参照ページ】
(原文)Bloomberg and Ørsted Announce 15 Year Renewable Energy Purchase Power Agreement
(日本語参考訳)ブルームバーグ、Ørstedと15年間の再エネ契約を締結

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. 2024-4-18

    オーストラリア裁判所、グリーンウォッシュ訴訟でバンガードに有罪判決

    3月28日、オーストラリアの連邦裁判所は、バンガード・インベストメンツ・オーストラリアが、同社のE…
  2. 上場企業の40%以上がスコープ3排出量の報告を開始

    2024-4-15

    上場企業の40%以上がスコープ3排出量の報告を開始

    4月に発表した、投資データ・リサーチプロバイダーであるMSCIの新しいレポートによると、世界の上場…
  3. SBTi、ネット・ゼロ目標における炭素クレジットの役割拡大を認める

    2024-4-15

    SBTi、ネット・ゼロ目標における炭素クレジットの役割拡大を認める

    4月9日、科学的根拠に基づく目標設定イニシアティブ(SBTi)は、企業の環境持続可能な行動を気候変…

アーカイブ

ページ上部へ戻る