H2グリーンスチール、脱炭素鉄鋼新工場向けに7,500億円超の資金調達

1月22日、脱炭素鉄鋼スタートアップであるH2グリーンスチールは、総額47億5,000万ユーロ(約7,500億円)に上る一連の新たな資金調達を発表した。本資金は、従来の高炉技術に比べ排出量を95%削減した鉄鋼を生産できる、世界初の大規模なグリーン・スチール・プラントの建設資金に充てられる。

今回発表された資金調達には、42億ユーロ(6,700億円)のプロジェクト債務融資、3億ユーロ(約480億円)の株式、EUイノベーション基金からの2億5,000万ユーロ(約400億円)の助成金が含まれる。

製鉄は、世界的に最もCO2を排出するセクターのひとつであり、本セクターからのGHG排出量は、世界の化石燃料使用による直接排出量の7~9%を占めている。

2020年に設立されたH2グリーン・スチールは、スウェーデンのボーデンに主力となるグリーン・スチール・プラントを開発中で、本プロジェクトには、鉄鋼生産施設と一体化したギガスケールのグリーン水素プラントが含まれている。同社は、酸化鉄から酸素を除去するためにグリーン電力で製造された水素を採用し、通常発生するCO2排出の大部分を回避し、製造工程で発生するエネルギー需要には100%再生可能な資源からの電力を使用する。H2グリーンスチールは2025年の生産開始を目指しており、2030年までに500万トンのほぼ化石燃料を使用しない鉄鋼を生産する計画だ。

同社は最近、ボルボ、スカニア、メルセデス・ベンツ、BMW、ZFを含む複数の大手自動車メーカーや自動車部品メーカーを含む一連の供給契約を発表した。全体として、H2グリーンスチールは、年間250万トンという当初の販売量の半分が、すでに5年から7年の拘束力のある顧客契約で販売されていると述べた。

新たな負債による資金調達には、35億ユーロ(約5,600億円)の上位負債と最大6億ユーロ(約950億円)の下位負債枠が含まれる。今回の増資で新たに加わった株主には、マイクロソフト・クライメート・イノベーション・ファンド、ムベア、シーメンス・フィナンシャル・サービスが含まれる。

今回の発表により、H2グリーンスチールは現在までに65億ユーロ(1.4兆円)の資金を確保している。

【参照ページ】
(原文)H2 Green Steel raises more than €4 billion in debt financing for the world’s first large-scale green steel plant
(日本語参考訳)H2グリーンスチール、脱炭素鉄鋼新工場向けに7,500億円超の資金調達

関連記事

“ホワイトペーパーへのリンク"

おすすめ記事

  1. ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…
  2. CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
  3. ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    2024-4-30

    ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    ESG投資の流れは国内外において拡大を続けている分野であり、注目を集めている。投資家のニーズに応え…

ピックアップ記事

  1. 2024-7-11

    ISO、ネット・ゼロ達成に向けた国際基準策定開始

    6月27日、国際標準化機構(ISO)はネット・ゼロに向けた初の国際基準の策定を開始したことを発表し…
  2. 2024-7-10

    Accenture、ESGに関する新たなレポートを公表

    6月26日、Accentureは「ESGレポート:コンプライアンスから競争優位性へ」という新たなレ…
  3. 2024-7-9

    CO2 AI、大規模な製品のカーボンフットプリントを計算するソリューションを発表

    サステナビリティ・プラットフォーム提供会社のCO2 AI は、企業が製品のカーボンフットプリント(…
ページ上部へ戻る