炭素クレジット格付け会社Sylvera、米国での事業拡大資金として約80億円を調達

炭素クレジット格付け会社Sylvera、米国での事業拡大資金として約80億円を調達

7月18日、カーボン・データ・プロバイダーのSylveraは、シリーズB資金調達で5,700万ドル(約80億円)を調達した。本資金は、同社の米国市場への進出を支援し、チームとプラットフォームをさらに強化することを目的としている。

今回の資金調達は、カーボン・オフセット・プロジェクトと関連クレジットに対する需要が今後数年間で大幅に増加すると予想されることを受けたものである。現在、企業やビジネスがネット・ゼロの野望を打ち出すことが増え、自らの絶対的な排出削減努力への橋渡しとして、あるいは排出回避が困難な状況とのバランスをとるために、オフセットに目を向けるようになっている。しかし、規制がなく急成長しているこの市場は、市場参加者が質の高いプロジェクトと低いプロジェクトを区別できず、プロジェクトの有効性を評価するためのデータが不十分であったり、一貫性がなかったりするなど、一連の課題に直面している。

2020年に英国で設立されたSylveraのカーボン・インテリジェンス・プラットフォームは、カーボン・プロジェクトに関する包括的な洞察を生み出す独自のデータと機械学習技術を活用し、企業が質の高いカーボン・クレジットを評価し投資するのを支援する。

Sylveraによると、今回の資金調達で得た資金は、国際的な米国進出を支援するために使用され、同社はニューヨーク・オフィスの開設も発表している。また、炭素クレジットに関する新しいデータや情報を含むプラットフォームの構築や、エンジニアリング・チームと製品チームの成長にも使用される。

今回のシリーズBラウンドは、ベンチャー投資家のBalderton Capitalが主導し、既存投資家のIndex Ventures、Insight Partners、Bain & Company、Salesforce Ventures、Speedinvest、Seedcamp、LocalGlobeのほか、新規投資家のFidelity Strategic Venturesと9Yards Capitalが参加した。

今回の資金調達は、昨年の3,200万ドル(約45億円)のシリーズA資金調達ラウンドに続くものである。その前のラウンド以来、Sylveraは顧客ベースが7倍に成長したと述べている。

【参照ページ】
(原文)Announcing our Series B Round and US Expansion
(日本語参考訳)炭素クレジット格付け会社Sylvera、米国での事業拡大資金として約80億円を調達

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. 2024-4-12

    BCG支援のVC、Bキャピタル、気候変動プラットフォームのリードへ向け新たな幹部を発表

    4月8日、マルチステージのベンチャー投資会社であるBキャピタルは、気候変動投資プラットフォームの拡…
  2. 日本、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    2024-4-11

    SSBJ(サステナビリティ基準委員会)、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    4月3日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)は、IFRS財団の国際サステナビリティ基準委員会(…
  3. 2024-4-11

    ブラックロック、ESG政策を理由に1.3兆円の資産売却を決定したテキサス州を「無謀」とし、再考を促す

    3月21日、ブラックロックは、テキサス州教育委員会がエネルギー企業への「ボイコット」とESG投資慣…

アーカイブ

ページ上部へ戻る