Enel、米国の再生可能エネルギー小売市場に参入

Enel、米国の再生可能エネルギー小売市場に参入

11月22日、Enel North Americaは、規制緩和市場において商業・産業(C&I)企業向けに再生可能エネルギーを提供する米国小売エネルギー事業の開始を発表した。同事業は今年テキサス州で開始され、2023年にはオハイオ州、イリノイ州、ペンシルバニア州など他の米国市場にも拡大する予定だ。

同社は、C&I企業がネット・ゼロやサステナビリティの目標を達成するために、金融や電力購入契約の代わりに、競争力のある価格の再生可能エネルギーをEnelから直接購入できるようになる、と述べている。

Enelの小売エネルギーサービスの開始は、電動モビリティ構想「エネルXウェイ」、もう一つのグリッド近代化子会社「グリッドスペルティス」に続く、今年4番目の事業拡大である。

Enelの事業拡大計画は、インフレ抑制法の下で「チャンスをつかんだ」と同社が述べた結果であり、他の規制変更の中でも、クリーンエネルギーと国内エネルギー生産を促進するものである。

Enelはまた、北米市場に50億ドル(約6,930億円)近くを投資する計画を発表し、2025年までに電力事業規模の再生可能エネルギーと蓄電池を新たに5GW開発し、2025年までに分散型エネルギー貯蔵155MW、需要反応37MW、充電ポート47万5000個を追加することを目指している。

【参照ページ】
(原文)Enel Launches Clean Energy Retail Business in Select US Markets, Marking its Fourth Business Expansion in 2022
(日本語訳)エネル社、米国の一部市場でクリーンエネルギー小売事業を開始 2022年に向けて4度目の事業拡大を実現

関連記事

SmartESGへのリンク

ピックアップ記事

  1. responsAbility、持続可能な食糧戦略のために約355億円超を調達

    2023-1-31

    responsAbility、持続可能な食糧戦略のために約355億円超を調達

    1月23日、持続可能な投資会社であるresponsAbilityは、世界の農業と食品のバリューチェ…
  2. LenovoとKuehne+Nagel、SAFの購入で輸送時の排出量をオフセットするソリューションで提携

    2023-1-31

    LenovoとKuehne+Nagel、SAFの購入で輸送時の排出量をオフセットするソリューションで提携

    1月24日、コンピュータメーカーのLenovoは、顧客がIT製品の輸送に伴う二酸化炭素排出量を最小…
  3. NYCの年金基金、大手銀行に対し厳しい排出量目標を提案

    2023-1-30

    NYCの年金基金、大手銀行に対し厳しい排出量目標を提案

    1月24日、ニューヨーク市の3つの退職年金基金と市会計監査官Brad Landerは、北米の大手銀…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る