EIB、アルゼンチン・ブラジル・チリの気候変動プロジェクトに1,200億円超を拠出

EIB、アルゼンチン・ブラジル・チリの気候変動プロジェクトに8億ユーロを拠出

7月14日、欧州投資銀行(EIB)グループは、アルゼンチン、ブラジル、チリにおける気候変動対策を支援する一連のプロジェクトに対し、新たに8億ユーロ(約1,260億円)を融資すると発表した。

今回の発表は、欧州連合(EU)・ラテンアメリカ・カリブ海諸国連合(CELAC)首脳会議の中で行われた。各プロジェクトは、EUのグローバル・ゲートウェイ構想の一環であり、気候変動、保健システムの改善、グローバル・サプライチェーンの安全性向上など、世界的な課題に取り組む持続可能で質の高いプロジェクトに対し、EU機関および加盟国から最大3,000億ユーロ(約47兆円)の投資を動員することを目的としている。

本発表に続き、EIBは、2つの新たな取り組みを明らかにした。1つ目は、Banco Santander Brasilに対し、住宅や中小企業の事業所に小規模な自家消費型太陽光発電所を設置するための資金として3億ユーロ(約470億円)を融資すること。2つ目は、グリーン住宅ローンへの融資やグリーン水素開発の支援を通じてチリのエネルギー転換を支援するために3億ユーロ(約470億円)の資金を提供することである。

2019年、EIBは気候・環境へのコミットメントのレベルを引き上げることを決定し、2020年、EIBの理事会は「EIBグループ気候銀行ロードマップ」を承認した。本ロードマップは、EIBと欧州投資基金(EIF)による今後の気候変動対策融資の指針となるもので、2030年までに1兆ユーロ(約157兆円)の気候変動・環境持続可能性投資を支援し、すべての融資活動をパリ協定(気候変動に関するパリ協定)の原則と目標に整合させるものである。

【参照ページ】
(原文)Latin America: EIB to announce €800 million in financing for climate action projects in Argentina, Brazil and Chile at EU-CELAC summit
(日本語参考訳)EIB、アルゼンチン・ブラジル・チリの気候変動プロジェクトに8億ユーロを拠出

関連記事

“ホワイトペーパーへのリンク"

おすすめ記事

  1. ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…
  2. CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
  3. ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    2024-4-30

    ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    ESG投資の流れは国内外において拡大を続けている分野であり、注目を集めている。投資家のニーズに応え…

ピックアップ記事

  1. 2024-7-11

    ISO、ネット・ゼロ達成に向けた国際基準策定開始

    6月27日、国際標準化機構(ISO)はネット・ゼロに向けた初の国際基準の策定を開始したことを発表し…
  2. 2024-7-10

    Accenture、ESGに関する新たなレポートを公表

    6月26日、Accentureは「ESGレポート:コンプライアンスから競争優位性へ」という新たなレ…
  3. 2024-7-9

    CO2 AI、大規模な製品のカーボンフットプリントを計算するソリューションを発表

    サステナビリティ・プラットフォーム提供会社のCO2 AI は、企業が製品のカーボンフットプリント(…
ページ上部へ戻る