IAG、約10億リットルの持続可能な航空燃料の取引に調印

ブリティッシュ・エアウェイズの親会社IAG、約10億リットルの持続可能な航空燃料の取引に調印

2月28日、エアリンガス、ブリティッシュ・エアウェイズ、イベリア航空、ブエリング航空、LEVELなどの航空会社の親会社であるインターナショナル・エアラインズ・グループ(IAG)は、e-SAFとして知られるCO2、水、再生可能エネルギーから作られる合成航空燃料を製造するTwelveとの間で、約10億リットルの持続可能な航空燃料(SAF)購入契約を締結したことを発表した。

2015年に設立されたカリフォルニアに本拠を置くトゥエルブは、回収したCO2を水と再生可能エネルギーを入力とする製品に変換し、水と酸素のみを出力する炭素変換技術により、化石燃料の代わりに炭素から化学物質、材料、燃料を生産している。電気化学リアクターを使用し、廃棄物から、あるいは空気中から直接CO2を取り込み、金属触媒と電気を使用してCO2と水を分離した後、元素をさまざまな化学物質に再結合する。

トゥエルブによると、同社のSAFは、従来のジェット燃料と比較して、ライフサイクルでのGHG排出量を90%も削減できるという。

本契約により、トゥエルブはIAGの欧州の航空会社5社を支援するため、14年間で785,000トン(984百万リットル)のe-SAFを供給する。最初の納入は、現在建設中のワシントン州モーゼスレイクにあるトゥエルブの実証プラントから、早ければ2025年に開始される。

IAGによると、今回の発表は、2030年までに10%のSAFで飛行し、年間100万トンのSAFを使用するという目標を達成するための大きな一歩であり、今回の契約によって目標の3分の1を達成することができる。

両社が最初に提携を開始したのは2020年で、トゥエルブはトゥエルブの技術を商業化するため、IAGのハンガー51スタートアップアクセラレータープログラムに参加した。

【参照ページ】
(原文)IAG Reaches One-Third of 20230 SAF Target with Major e-SAF Deal with Twelve
(日本語参考訳)IAG、20230年SAF目標の3分の1を達成、12社とe-SAFの大型契約を締結

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. 2024-4-12

    BCG支援のVC、Bキャピタル、気候変動プラットフォームのリードへ向け新たな幹部を発表

    4月8日、マルチステージのベンチャー投資会社であるBキャピタルは、気候変動投資プラットフォームの拡…
  2. 日本、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    2024-4-11

    SSBJ(サステナビリティ基準委員会)、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    4月3日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)は、IFRS財団の国際サステナビリティ基準委員会(…
  3. 2024-4-11

    ブラックロック、ESG政策を理由に1.3兆円の資産売却を決定したテキサス州を「無謀」とし、再考を促す

    3月21日、ブラックロックは、テキサス州教育委員会がエネルギー企業への「ボイコット」とESG投資慣…

アーカイブ

ページ上部へ戻る