ファッション業界の4大女性エンパワーメントプログラム、新しいイニシアティブ「RISE」を設立

3月7日、BSRのHERproject、GapのP.A.C.E、CARE、Better Workは、世界の衣料品、靴、家庭用品のサプライチェーンにおける女性労働者への影響を拡大し平等を加速するために、「RISE:Reimagining Industry to Support Equality」という新しいイニシアティブを結成し協力することになった。

3月8日の国際女性デーに先立ち、RISEの発足は、女性労働者に対するより大きな支援の必要性が示唆される。6,000万人の衣料品労働者のうち75%が女性であると言われており、彼女たちはジェンダー不平等、職場でのハラスメントや暴力などを経験している可能性がある。コロナ・ウイルスの流行や、ますます厳しくなるファイナンス環境は、女性労働者へのプレッシャーに拍車をかけている。

RISEは、グローバルブランドが衣料品、履物、家庭用品のサプライチェーンで働く女性労働者のエンパワーメントを支援し、業界全体におけるジェンダー・エクイティの推進に広く影響を与えることを目的としている。RISEは、(1)工場労働者と管理職の知識とスキルの強化、(2)ジェンダー・エクイティを含むビジネス慣行の変革、(3)公共政策やその他の主要な関係者への影響力という3つの中核戦略を通じて、その使命を追求する。

RISEは、バングラデシュ、中国、ベトナム、カンボジア、インドネシア、インド、エジプト、パキスタンに広がる現地パートナーのネットワークを通じて、4つの設立パートナーの実績あるアプローチと専門知識を基に展開される。統一されたアプローチにより、産業界やより広範なステークホルダーのジェンダー・エクイティに対する影響がより容易かつ効率的に促進される。

設立パートナーである4団体は、すでに世界最大のアパレル、フットウェア、家具ブランド50社と連携し、世界で500万人以上の女性労働者にアプローチしてきた。今後10年間で、その数を最大2,000万人にまで増やすことを目標としている。RISEの開発を支援している企業には、Abercrombie & Fitch Co.(アバクロンビー&フィッチ)Aje and Aje Athletica、AEO Inc(アメリカン・イーグル・アウトフィッターズ)、BESTSELLER、Boden(ボーデン)、Capri Holdings(カプリ・ホールディングス)、Carter’s(カーターズ)、Columbia Sportswear Company(コロンビア・スポーツウェア)、Dôen、Hanna Andersson、Gap、Inditex(インディテックス)、Macy’s Inc.(メイシーズ)、Marks & Spencer(マークス&スペンサー)、New Balance(ニューバランス)、Primark(プライマーク)、PVH Corp.(フィリップス・バン・ヒューゼン)、Ralph Lauren(ラルフローレン)、Tapestry、Target(ターゲット)、The Children’s Place(チルドレンズプレイス)、The Walt Disney Company(ウォルト・ディズニー・カンパニー)、The Warehouse(NZ)、 Victoria’s Secret & Co(ヴィクトリアズ・シークレット)、 VF Corporation(VFコーポレーション)、 Williams-Sonoma, Inc.(ウィリアムズ・ソノマ)などが含まれる。

RISEの職場における能力開発プログラムは、行動とシステムの両方を変えることによって、職場における女性労働者の尊厳と平等を高めることを目的とする。本プログラムは、女性労働者の選択肢を広げ、彼女たちの権利と機会を追求する能力と自信を向上させる。また、トレーニングでは、男性管理職や同僚を巻き込み、職場の社会規範に挑戦する。プログラムのテーマは、コミュニケーションや問題解決などのライフスキル、健康、安全、セクシュアル・ハラスメントやジェンダーによる暴力からの解放、女性の地位向上とリーダーシップなど多岐にわたる。

RISEは、職場でのプログラムにとどまらず、業界全体に前向きな変化をもたらし、政策の改善に影響を与えることを目的としている。RISEは、ガバナンスからプロジェクト実施に至るまで、あらゆるレベルで労働者の声を取り入れ、女性労働者のニーズに対応した活動を実現している。

【参照ページ】
Fashion Industry’s Four Largest Women’s Empowerment Programs Form New Initiative RISE To Scale Impact

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る