CEVA Logistics、Engie、SANEFが道路貨物輸送の脱炭素化に向け提携

3月9日、サードパーティ・ロジスティクス(3PL)プロバイダーのCEVA Logistics、エネルギー転換事業者のEngie、高速道路運営会社のSociété des Autoroutes du Nord et de l’Est de la France(SANEF)は、道路貨物輸送の脱炭素化を目指し、欧州クリーン輸送ネットワーク・アライアンス(ECTN Alliance)を立ち上げるために提携した。

本アライアンスは、低炭素エネルギーソリューションを備えたトラックターミナルのネットワークを構築・運営し、欧州の高速道路で商品を輸送することを想定している。長期的には、本ターミナルネットワークはすべての荷主と運送業者に開放され、トラックの充電と燃料補給のための低炭素バイオガス、水素、電気エネルギーソリューションに簡単にアクセスできるようになる。ヨーロッパの高速道路を利用する本ネットワークには、輸送会社がルートと充電スケジュールをより速く、より炭素効率の良い方法で計画できるようにするためのITソリューションが含まれる予定である。

また、長距離トラックのドライバーは、各ターミナルでトレーラーを交換してから引き返せることから、自宅から近い場所で運転することができるため、労働条件の改善にも寄与する。

本アライアンスは、2023年にフランスのリール都市圏とアヴィニョン都市圏の間で2年間の概念実証(PoC)を実施し、欧州規模での展開の前にコンセプトの実現可能性を実証する予定である。20台の低炭素トラクターユニット(バイオガス、電気、グリーン水素の混合燃料)が、フランスの北部と南東部の間で毎日20台のトレーラーを輸送し、CEVA Logisticsの既存拠点にある5つのテストサイトでトレーラーの中継と交換を行う。長距離輸送における低炭素トラックの利用状況や、欧州における道路貨物輸送の脱炭素化のための選択肢を深く理解するためのデータベースを提供することが期待されている。

【参照ページ】
ENGIE, CEVA Logistics and SANEF launch an alliance to decarbonize road freight transport

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-21

    人口戦略会議、全国の地方自治体の「持続可能性」について分析

    4月22日、民間団体・人口戦略会議は「地方自治体「持続可能性」分析レポート」を公表。昨年12月に公…
  2. 2024-5-21

    金融庁、主要国のサステナビリティ情報の開示・保証について報告書を発表

    4月17日、金融庁は「主要国のサステナビリティ情報等の開示・保証の動向に関する調査」をEY新日本有…
  3. 2024-5-16

    CEO半数以上がサステナビリティの優先順位が高いと回答(EY調査)

    5月7日、EYの調査によるとサステナビリティと気候変動に関する課題は、グローバルの経営層の間で再び…
ページ上部へ戻る