NZAOA、ポートフォリオの排出削減など気候変動に関する目標設定プロトコル第2版を発表

NZAOA、ポートフォリオの排出削減など気候変動に関する目標設定プロトコル第2版を発表

ネット・ゼロ・アセット・オーナー・アライアンス(NZAOA)は、2030年までにポートフォリオの排出量半減など、アライアンスメンバーのための一連の気候変動に関する目標設定プロトコル第2版を発表した。

NZAOAの目標設定プロトコル第2版は、地球温暖化を1.5℃未満に抑えるためのIPCCの道筋に沿って、アライアンスメンバーが科学的根拠に基づく排出量の目標を設定することを目的としている。

NZAOAプロトコルでは、2020年10月に発表された、2020年ベースで2025年までにポートフォリオの排出量を25~30%削減するという目標に加え、今回の更新では2030年までにポートフォリオの排出量を49~65%削減するという絶対的な目標が導入された。

新プロトコルでは、排出量削減目標の強化に加えて目標の対象となる資産クラスを拡大し、炭素集約型セクターのインフラ資産やメンバーが大きな影響力を持つ資産を対象に目標を設定するよう求めている。従来のプロトコルでは、株式、上場社債、不動産資産のみを対象としていたが、ソブリン債も対象とすることを検討しているという。

また委任状投票のガイドラインに加えて、2050年までに1.5℃およびネット・ゼロの目標に向けてポートフォリオを調整することを公約するなど、資産運用会社に期待される事項が定められたことに加え、企業のエンゲージメントや高排出セクターの排出量削減の目標設定、気候変動の緩和と適応に大きく貢献する経済活動や気候変動対策への資金提供の目標設定なども含まれている。

【参照ページ】
(原文)TARGET SETTING PROTOCOL SECOND EDITION
(日本語訳)NZAOA、ポートフォリオの排出削減など気候変動に関する目標設定プロトコルを発表

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-21

    人口戦略会議、全国の地方自治体の「持続可能性」について分析

    4月22日、民間団体・人口戦略会議は「地方自治体「持続可能性」分析レポート」を公表。昨年12月に公…
  2. 2024-5-21

    金融庁、主要国のサステナビリティ情報の開示・保証について報告書を発表

    4月17日、金融庁は「主要国のサステナビリティ情報等の開示・保証の動向に関する調査」をEY新日本有…
  3. 2024-5-16

    CEO半数以上がサステナビリティの優先順位が高いと回答(EY調査)

    5月7日、EYの調査によるとサステナビリティと気候変動に関する課題は、グローバルの経営層の間で再び…
ページ上部へ戻る