再生農業の炭素クレジットスタートアップAgreena、約72億円を調達

再生農業の炭素クレジットスタートアップAgreenaが約72億円を調達

3月30日、再生農法に特化した気候・フィンテックのスタートアップAgreenaは、ベンチャーキャピタル投資家HV Capitalが主導するシリーズBファイナンスで、4600万ユーロ(約66億円)を調達したことを発表した。

2017年に設立されたコペンハーゲンに本拠を置くAgreenaは、土壌炭素認証プラットフォームを提供し、第三者によって検証された炭素証明書の発行を通じて、再生農業の実践への移行を目指す農家を支援している。

再生農業の実践は、同分野の環境影響に対処することを目的としており、生態系の改善と回復、土壌の健全性と肥沃性の構築、排出量の削減、流域管理の強化、生物多様性の増加、農家の生計向上などの技術が含まれる。Agreenaのプラットフォームは、農家が再生手法の実施による改善を計画、追跡、検証することを可能にする。また、証明書は、土壌中の炭素を捕捉・貯蔵することで排出量を相殺しようとする企業に炭素クレジットを提供し、食品サプライチェーンの企業に農産物の現場レベルのトレーサビリティを提供して、スコープ3報告要件を満たすことを可能にする。

今回の増資は、2022年のAgreenaの2,000万ユーロ(約28億円)のシリーズAに続くもので、同社はそれ以降、活動を10倍に拡大し、地理的にもヨーロッパ16カ国に拡大し、60万ヘクタール以上の再生農業への移行を支援している。また、昨年にはリモートセンシング会社のHummingbird Technologiesを買収し、サプライチェーン企業や政府機関など向けのアグリデータサービスを追加している。

今回の資金調達には、インパクトファンドのAENUとフィンテックに特化したAnthemisが新たに参加したほか、既存投資家のGullspång Re:food、Kinnevik、デンマークのExport and Investment fundが加わった。

【参考ページ】
(原文)Agriculture tech company Agreena raises $50 mln in funding
(日本語訳)農業テック企業Agreenaが5000万ドルの資金調達を実施

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る