680以上の機関投資家、1万社以上の企業にCDPへの環境データ開示を呼びかけ

 

130兆ドル以上の資産を有する680以上の機関投資家を含む投資家グループは、1万社以上の企業に向け、CDPへの環境データ開示を要請した。

CDPは、気候変動・森林破壊・水の安全保障などの主要な環境サステナビリティ分野における組織のパフォーマンスを、投資家やその他のステークホルダーが測定・追跡できるよう、グローバルな環境情報開示システムを運営している。CDPのプラットフォームは、主要なカテゴリーごとに企業の年間スコアを提供し、そのデータはBloomberg、STOXX、Trucost、FTSE/Russell、MSCI、ISS ESGなどの情報サービスプロバイダーによって、投資リサーチ、商品、インデックス、格付けに活用されている。

本キャンペーンは、報告を求められる企業数の大幅な増加を意味し、特にCDPにまだ開示していない企業をターゲットにしている。今年は、昨年の約7,200社から10,400社がレターを受け取る予定だ。このうち3,300社以上が初めて報告の対象となり、昨年比で46%増となる。

CDPは、2025年までに世界で最も影響力のある企業の90%をカバーするためにデータリポジトリを拡大することを目指す。また環境問題の調査対象も拡大し、今年のアンケートでは生物多様性への影響に関する質問が含まれており、将来的には土地や海、廃棄物や食料などの問題を評価する予定である。

2021年、CDPを通じて環境データを報告した企業は13,000社を超え、前年から37%以上増加した。しかし、開示組織数が増加する一方で、昨年は4,000社近くが開示要請に応じなかったことをCDPは指摘している。また最近、CDPは多くの企業の報告に大きなギャップがあることを明らかにした。昨年評価した企業のうち、信頼できる排出削減目標を持つ企業は3分の1強に過ぎず、CDPの気候変動に焦点を当てた主要指標のすべてについて報告する企業は1%未満であった。

本キャンペーンに署名する金融機関のリストも急速に増えており、今年の書簡には新たに100社近くが署名している。署名者には、Allianz、Amundi、BlackRock、BNP Paribas、State Street、Vanguard、AXA 、CalPERSなど、著名な投資運用会社が名を連ねている。

【参照ページ】
(参考記事)Investors push 10,000 companies to disclose environmental data to CDP

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-21

    人口戦略会議、全国の地方自治体の「持続可能性」について分析

    4月22日、民間団体・人口戦略会議は「地方自治体「持続可能性」分析レポート」を公表。昨年12月に公…
  2. 2024-5-21

    金融庁、主要国のサステナビリティ情報の開示・保証について報告書を発表

    4月17日、金融庁は「主要国のサステナビリティ情報等の開示・保証の動向に関する調査」をEY新日本有…
  3. 2024-5-16

    CEO半数以上がサステナビリティの優先順位が高いと回答(EY調査)

    5月7日、EYの調査によるとサステナビリティと気候変動に関する課題は、グローバルの経営層の間で再び…
ページ上部へ戻る