Hy2gen、グリーン水素生産強化を目的に約260億円の調達を発表

 

2月17日、グリーン水素投資プラットフォームの「Hy2gen AG」は、海上・陸上輸送・航空・産業用途のグリーン水素ベース燃料(e-fuels)を製造する施設の建設資金を目的とし、2億ユーロ(約261億円)の調達を発表した。今回の資金調達は、急速に発展しているグリーン水素分野への民間投資としては過去最大となる。

ドイツに本拠を置くHy2genは、2017年に設立され、世界中でグリーン水素と水素ベースのe燃料を製造するためのプラントを開発・融資・建設・運営する。同社の製品は、気候変動に左右されない燃料や産業用ソリューションをサポートする。また、同社は880MWのプラントの建設計画や12GWのプラント開発プロジェクトを進めており、Hy2genは、フランス・ノルウェー・カナダ・ドイツ・米国で建設が進んでいる。

Hy2genによると、建設される施設は海運、陸運、航空、産業用途のグリーン水素ベースの燃料を製造し、これらの分野の脱炭素化に貢献する。

【参照ページ】
(原文)200 MIO. € INVESTMENT IN GREEN HYDROGEN PIONEER HY2GEN AG
(日本語訳)Hy2gen、クリーン燃料の生産能力増強のため約261億円超の調達を発表

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. 2022-9-26

    日常と隣り合わせの社会貢献を。ナッジが進めるグリーン・フィンテック

    近年、ヨーロッパを中心に、地球規模の課題であるカーボンニュートラルに向けた取組みを金融テクノロジー…
  2. Amazon、国際的NPOのWater.orgと提携し、1億人に水利用を提供

    2022-9-26

    Amazon、国際的NPOのWater.orgと提携し、1億人に水利用を提供

    9月20日、Amazonと国際的なNPOであるWater.orgは、アジア・アフリカ・ラテンアメリ…
  3. Salesforce、炭素クレジット市場を開始

    2022-9-26

    Salesforce、炭素クレジット市場を開始

    9月20日、CRMソリューションプロバイダのSalesforceは、環境に配慮した起業家と買い手を…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る