Net-Zero Asset Owner Alliance、IPCCの第6次評価報告書の公表を受け、声明を発表

8月9日、2050年までの運用ポートフォリオのカーボンニュートラルにコミットするイニシアティブである「Net-Zero Asset Owner Alliance」はIPCCの第6次評価報告書の公表を受け、次のような声明を発表した。

【参考】IPCC報告、気候の限界が近づいていることを警告し、政府と企業の行動を促す

IPCCが発表した内容によると、世界の炭素排出量の現在の軌道が推定炭素収支量を急速に上回っているため、私たちの地球と地域社会にとっての気候関連リスクは予想以上に高まっています。

また世界的な行動と経済の迅速な転換が遅れているため、今世紀末(2100年)までに世界の平均気温の上昇を1.5℃に抑えるために、2050年までに排出量をネット・ゼロにするという目標から遠ざかっています。

国連が主催する「ネット・ゼロ・アセット・オーナー・アライアンス」のメンバーは、総額7兆米ドル近いAUMを有しており、投資家、企業、政府に対し、気温上昇を抑えるために、二酸化炭素の排出量を急速に削減する変革的な手段を採用することで、決定的な行動を起こすよう求めます。

我々は、政府、規制当局、セクター、企業が、発表を超えて、必要な投資を支えるための具体的かつ実行可能な炭素削減戦略を早急に採用することの重要性を強調しています。

2025年に向けて科学に沿った暫定目標を設定することは必要ですが、十分ではありません。アライアンスのメンバーは、個々に、またアライアンスが行う活動を通じて、その移行を積極的に支援する用意があります。さらに、アライアンスメンバーは各国政府に対し、低炭素経済への迅速かつ公正な移行につながる環境を提供するよう求めます。

【参照ページ】
(原文)NET-ZERO ASSET OWNER ALLIANCE: INVESTORS, COMPANIES AND GOVERNMENTS MUST ACT DEFINITIVELY AFTER IPCC AR6
(日本語訳)Net-Zero Asset Owner Alliance、IPCCの第6次評価報告書の公表を受け、声明を発表

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る