ESG PlaybookとCarbonfund.org Foundation、ESGレポートとCO2削減ソリューションを包括的に提供

ESG PlaybookとCarbonfund.org Foundation、ESGレポートと炭素削減解決案の提供で提携

2月1日、サステナビリティと企業の社会的責任に関するデータを提供するソフトウェアプロバイダーであるESG Playbookと、非営利の二酸化炭素削減・気候変動対策団体であるCarbonfund.org Foundationは、二酸化炭素排出削減とESG報告を包含する、企業のESG戦略・イニシアティブのための解決案を提供する新しいパートナーシップ形成を発表した。

2019年に設立されたESG Playbookは、世界中の多国籍企業、公的機関、民間企業にサステナビリティ報告ソリューションを提供しており、資産運用会社やプライベートエクイティ向けの特定のモジュールで金融部門に重点を置いている。

Carbonfund.org Foundationの使命は、個人、企業、団体が気候変動による影響を削減・相殺し、クリーンなエネルギーへの移行を促進するために、気候変動教育、カーボンオフセット、削減、広報活動などのサービスを簡単かつ手頃な価格で提供することだ。また、米国初のカーボンニュートラル製品ラベルである Carbonfree Certified Products Program を運営している。

今回の提携により、ESG Playbookは、Carbonfund.org Foundationの再生可能エネルギー、森林、エネルギー効率化プロジェクトを通じて、カーボンオフセットと削減サービスを顧客に提供し、包括的なESGレポートとカーボンニュートラルオプションのための “one-stop ESG solution” を顧客に提供することになる。Carbonfund.org Foundationは、ESG報告およびプログラム管理の推進に関心を持つビジネスパートナーにESG Playbookを紹介し、その単一の統合SaaSプラットフォームを利用して、二酸化炭素排出量の計算と追跡、およびすべてのESGプログラム報告の管理を行うよう提案する。

【参照ページ】
(原文)ESG Playbook & Carbonfund.org Announce Partnership to Deliver ESG Reporting Solutions and Carbon Offsets
(日本語訳)ESG PlaybookとCarbonfund.org Foundation、ESGレポートと炭素削減解決案の提供で提携

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-21

    人口戦略会議、全国の地方自治体の「持続可能性」について分析

    4月22日、民間団体・人口戦略会議は「地方自治体「持続可能性」分析レポート」を公表。昨年12月に公…
  2. 2024-5-21

    金融庁、主要国のサステナビリティ情報の開示・保証について報告書を発表

    4月17日、金融庁は「主要国のサステナビリティ情報等の開示・保証の動向に関する調査」をEY新日本有…
  3. 2024-5-16

    CEO半数以上がサステナビリティの優先順位が高いと回答(EY調査)

    5月7日、EYの調査によるとサステナビリティと気候変動に関する課題は、グローバルの経営層の間で再び…
ページ上部へ戻る