AIIB、気候行動計画発表。気候変動対策へのコミットメントを強化

9月25日、アジアインフラ投資銀行(AIIB)は、「気候行動計画(CAP)」を発表した。CAPは、2024年から2030年までのAIIBの気候変動対策における指針となるよう設計された。AIIBの気候変動融資を管理する原則をまとめると同時に、加盟国支援に向けた投資における重要な行動分野を特定している。

CAPは以下4つの原則を掲げている。

  • 公正なアプローチ:AIIBは、アジア全域における気候変動の影響の多様性と、メンバーの所得水準、開発経路、気候変動に対処する能力のばらつきを認識し、個々の顧客のニーズと状況に応じた気候変動ソリューションを提供する。
  • 包括的アプローチ:AIIBは、気候変動の緩和、レジリエンスの構築、適応の強化、生物多様性と自然保護のための共益を同時に提供するソリューションに焦点を当てる。自然をインフラとして捉え、自然をベースとした解決策をインフラ設計に組み込むことで、気候変動への回復力を高める。
  • 資本の動員: AIIBの強固な財務基盤を活用し、資金調達パートナーシップを強化して、気候変動プロジェクトへの資金を動員する。
  • 技術革新の促進: 緩和と適応双方のための技術革新を促進する。

AIIBは、2025年までに年間融資承認額の少なくとも50%を気候変動資金に充てることにコミットしており、2022年には56%を達成。2023年第2四半期までに、AIIBは累計117億5,000万ドル(約1.7兆円)の気候変動融資を達成し、気候変動要素を含む107のプロジェクトに融資した。2023年、AIIBはアジア初の適応債券を発行し、気候変動への耐性に対するコミットメントも実証。2023年7月1日以降、すべての新規投資をパリ協定の原則に沿ったものとすることも決定している。

【参照ページ】
(原文)AIIB Unveils Climate Action Plan, Reinforces Commitment to Tackle Climate Change
(日本語参考訳)AIIB、気候行動計画発表。気候変動対策へのコミットメントを強化

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. 2024-4-12

    BCG支援のVC、Bキャピタル、気候変動プラットフォームのリードへ向け新たな幹部を発表

    4月8日、マルチステージのベンチャー投資会社であるBキャピタルは、気候変動投資プラットフォームの拡…
  2. 日本、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    2024-4-11

    SSBJ(サステナビリティ基準委員会)、IFRSベースのサステナビリティ報告基準案を公表

    4月3日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)は、IFRS財団の国際サステナビリティ基準委員会(…
  3. 2024-4-11

    ブラックロック、ESG政策を理由に1.3兆円の資産売却を決定したテキサス州を「無謀」とし、再考を促す

    3月21日、ブラックロックは、テキサス州教育委員会がエネルギー企業への「ボイコット」とESG投資慣…

アーカイブ

ページ上部へ戻る