9月12日、投資データ・リサーチプロバイダーのMSCIは、持続可能な価値の創造と気候変動などの世界的な課題への対応について、資本市場のエコシステム全体で協力できるようにすることを目的とした新たな取り組み、「MSCI Sustainability Institute」の発足を発表した。

MSCIによると、本取り組みは、データ、分析、政策、行動の連携に加え、金融、学界、政府、NGO、シンクタンク、企業を含むエコシステム全体の連携を促進する。具体的には、学術研究者や政策立案者に投資家が使用するサステナビリティ・データ、評価基準、モデルを提供し、スタンフォード大学経営大学院を含む学術機関と協力し、これらの評価基準を資本配分に応用するための研究者や学生を育成すること、サステナブル・ファイナンスや資本配分の意思決定に応用するための知見を提供するための新しいデータや測定方法に関するイノベーションを奨励すること、投資家や企業向けにサステナビリティに関連する研究をキュレートして提供すること、資本市場エコシステム全体のリーダー向けにサステナビリティ・リスクや機会に関するトピックについて討論する場を提供することなどが挙げられる。

本研究所は、MSCI Sustainability Instituteの創設ディレクター兼代表に任命されたリンダ=エリン・リーが率いる。リー氏は2010年にMSCIがリスクメトリックス・グループを買収した際に入社し、消費者セクターリサーチ、ESG部門の責任者を務めた。直近では、MSCIのマネージング・ディレクター、ESG・気候リサーチ部門グローバルヘッドとして、ESGと気候に関連する全てのコンテンツと手法を監督し、MSCIの執行委員会のメンバーも務めている。

【参照ページ】
MSCI launches MSCI Sustainability Institute to drive progress on the role of capital markets in creating sustainable value

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-5-29

    CSRDのダブルマテリアリティとは。実践のヒントをガイドラインから考察。

    2024年から適用が開始されたサスティナビリティ情報開示規制のCSRD(Corporate Sus…
  2. 2024-5-21

    CSRD/ESRSの主な開示項目を説明。GRIとの対照表が参考に。

    CSRDは、欧州内ステナビリティ報告を標準化する制度であり、2024年から運用が開始されている。こ…
  3. 2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-12

    欧州監督機構、グリーンウォッシングに関する最終報告書を発表

    6月4日、ESMA(欧州証券市場監督機構)EBA(欧州銀行機構)・EIOPA(欧州保険・企業年金監…
  2. 2024-6-11

    H&M、SBTiの目標基準におけるカーボンオフセットの使用に懸念を表明

    6月5日、H&Mグループは、SBTi(Science Based Targets init…
  3. 2024-6-10

    アサヒ飲料、自動販売機で回収したCO2を道路材料に活用開始

    5月24日、アサヒ飲料は、前田道路株式会社と共同で、「CO2を食べる自販機(自動販売機の庫内に二酸…
ページ上部へ戻る