カナダ、気候変動対策プロジェクトに今後5年間で約230億円を投資

カナダ、気候変動対策プロジェクトに今後5年間で約230億円を投資

カナダ政府は、気候変動に対処するための「自然に基づく解決策」(Nature Based Solutions)に焦点を当てたプロジェクトに、今後5年間で最大2億ドルを提供することを発表した。

国際自然保護連合(IUCN)によると、「自然に基づく解決策」とは、”社会的課題に効果的かつ適応的に対処し、同時に人間の福利と生物多様性に利益をもたらす、自然および改変された生態系の保護、持続可能な管理、回復のための行動 “。この自然に基づく解決策に沿って一般的に定義されるプロジェクトは、森林や湿地の再開発に焦点を当てたもので、土地を保護または変換し、生物多様性を向上させ、自然が環境からCO2を吸収することを可能にする。

カナダ政府は、2050年までに温室効果ガスの排出量をゼロにすることを昨年発表したが、2021年7月には、2030年までに温室効果ガスの排出量を40〜45%削減するという暫定目標を発表していた。

今回の資金提供は、今年初めに設立された「Nature Smart Climate Solutions Fund」を通じて行われる。劣化した生態系の回復、転換リスクの高い炭素豊富な地域の保全、農業、森林、都市開発分野を中心とした土地管理手法の改善などのプロジェクトが支援対象。

【参照ページ】
(原文)Government of Canada announces $200M to address climate change by restoring carbon-rich ecosystems through nature-based solutions
(日本語訳)カナダ、気候変動へ対処するプロジェクトに2億ドルを投資

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る