キリンホールディングス、MBLの全株式譲渡を発表

6月30日、キリンホールディングス株式会社は同社の連結子会社であるMyanmar Brewery Limited(MBL)の合弁パートナーであるMyanmar Economic Holdings Public Company Limited(MEHPCL)と合意の上、当社子会社であるKirin Holdings Singapore Pte. Ltd.(KHSPL)が保有するMBLの全株式を、MBLに譲渡することを発表した。

同社はMEHPCLの株式を51%保有しているが、人権方針違反を理由に2月にミャンマーからの事業撤退方針を決定した。合弁解消を目指しあらゆる選択肢を検討したが、現地の従業員や取引先への影響が甚大になると判断した。その結果、 譲渡価額約224億円でのMBLへの株式譲渡が決定した。株式譲渡に伴い、2022年12月期において、前期に認識した減損損失の戻入益としてその他の営業収益に約190億円を計上する見込みである。

株式譲渡には、ミャンマーの投資企業管理局とミャンマー投資委員会の承認の上、法的手続きが必要であり、同社は今後速やかに完了できるよう動く。

【参照ページ】
(開示事項の経過)Myanmar Brewery Limitedの株式譲渡に伴う子会社の異動に関する基本合意について

関連記事

“導入事例へのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-21

    人口戦略会議、全国の地方自治体の「持続可能性」について分析

    4月22日、民間団体・人口戦略会議は「地方自治体「持続可能性」分析レポート」を公表。昨年12月に公…
  2. 2024-5-21

    金融庁、主要国のサステナビリティ情報の開示・保証について報告書を発表

    4月17日、金融庁は「主要国のサステナビリティ情報等の開示・保証の動向に関する調査」をEY新日本有…
  3. 2024-5-16

    CEO半数以上がサステナビリティの優先順位が高いと回答(EY調査)

    5月7日、EYの調査によるとサステナビリティと気候変動に関する課題は、グローバルの経営層の間で再び…
ページ上部へ戻る