SBI新生銀行、顧客のESG対応状況評価サービスを提供

4月26日、SBI新生銀行、およびグループ会社である昭和リースは、アスエネとの業務提携契約を結び、法人顧客に対してサステナビリティ/ESG対応状況を評価する「ESG対応評価ライト」を提供することを発表した。

環境・社会への影響を考慮した投融資やビジネス活動が重要視される中で、EUのサステナビリティ開示規制である「企業サステナビリティ報告指令(CSRD)」やESGを含む非財務情報開示を求める「国際サステナビリティ基準審議会(ISSB)」が存在感を増している。

SBI新生銀行は企業に対して、これら課題解決へ向けた取組みを強化・促進することで、企業の事業リスク低減や長期的な企業価値の向上を目指す。

本サービスはアスエネのESG評価クラウドサービス「ASUENE ESG」との共同開発による。企業が「ASUENE ESG」に項目を入力すると、本サービス上でのESG評価の可視化と、SBIサステナブルインパクト評価室によるフィードバックを受けることができる。

SBI新生銀行グループは特に非上場、中小・中堅企業をターゲットに「ASUENE ESG」を紹介することで、ステークホルダーから要求されるESGへの取組みおける課題を改善する。

【参照ページ】
(原文)SBI新生銀行グループとアスエネが企業のESG評価に関する新サービスを提供開始 ~非上場/中小・中堅企業のサステナビリティ/ESG経営の可視化・改善を支援~

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る