IFRS、EFRAG、ISSB/CSRD報告基準に双方に対応する企業向けガイダンスを発行

5月2日、IFRS財団と欧州財務報告諮問グループ(EFRAG)は、ESRS-ISSB基準の相互に共通する項目などを示した「 ESRS–ISSB Standards Interoperability Guidance (相互運用ガイダンス) 」の発行を発表した。これは、IFRSが発行しており、サステナビリティ報告基準間の高度な整合性を示すことを目的とした新しいドキュメントとして注目されている。

本ガイダンスでは、ISSB/CSRDの報告基準の遵守を目指す企業へのサポートが示されいる。本ガイダンス発行の背景には、今後多くの企業がISSB/CSRDの両方の報告基準を遵守することが要求される可能性もある。

発行にあたって、EFRAG持続可能性報告委員会委員長のパトリック・ド・カンブール氏は次のように述べた。

「ISSB が開発したグローバル ベースライン アプローチはESRS がどのように組み込んだかを説明する、この非常に実用的な相互運用ガイダンスを発行できることを非常にうれしく思います

5月2日IFRS公開

また、ISSB 副会長のスー・ロイド氏も次のように述べています。

「私たちは、ISSB 標準と ESRS の両方を適用が求められる、あるいは自主的に適用する企業から、効率化を実現することが求められていると認識しています。世界中の法域が ISSB 標準の採用または使用に向けて動いている中、この相互運用ガイダンスが、ISSB 標準と ESRS 両方の要件の適用方法を理解しなければならない企業に実践的な助けとなることを期待しています。」

5月2日IFRS公開

【参照ページ】ESRS–ISSB Standards
(原文)IFRS Foundation and EFRAG publish interoperability guidance
(日本語参考訳)IFRS財団とEFRAGが相互運用性ガイダンスを公開

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-16

    SSBJ公開草案の重要ポイント解説:今後の気候変動の情報開示はどう動くか

    2024年3月29日、サステナビリティ基準委員会(SSBJ)が国内のサステナビリティ開示基準の草案…
  2. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  3. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…

ピックアップ記事

  1. 2024-5-24

    旭化成、三井化学、三菱ケミカル、カーボンニュートラル実現に向け3社連携

    5月8日、旭化成、三井化学、三菱ケミカルは、西日本に各社が保有するエチレン製造設備について、カーボ…
  2. 2024-5-22

    資生堂、男性社員の育休取得率100%達成

    4月10日、資生堂は、国内資生堂グループ男性社員の育児休業取得率100%を達成したと発表した。 …
  3. 2024-5-22

    環境省、「環境デュー・ディリジェンスに関する取組事例集」更新

    4月11日、環境省は「環境デュー・ディリジェンス(環境DD)に関する取組事例集」の更新版を公表した…
ページ上部へ戻る