農林中央金庫、AIGCCとCA100+への加盟を発表

6月27日、農林中央金庫は、他の機関投資家と協働して気候変動問題解決を促す国際的なイニシアティブである「気候変動に関するアジア投資家グループ(AIGCC)」および「Climate Action 100+(CA100+)」への加盟を発表した。

農林中金は、2030年中長期目標として「農林中央金庫投融資先等のGHG排出量の50%削減」および農林水産業者所得の向上」を掲げている。以上の目標達成のために2030年までに10兆円のサステナブルファイナンス新規実行を目指している。

農林中金は、今回のイニシアティブ加盟によって、他の機関投資家と協働でエンゲージメント等を進め、掲げた目標の達成の実現に向けたアクションを強化した。

【参照ページ】
気候変動に関するアジア投資家グループ(AIGCC)およびClimate Action 100+(CA100+)への加盟について

関連記事

ESG開示に関する上場企業100社比較データへのリンク

ピックアップ記事

  1. Visa、アジア太平洋地域のカード会員向けにサステナビリティ機能スイートを提供開始

    2022-8-10

    Visa、アジア太平洋地域のカード会員向けにサステナビリティ機能スイートを提供開始

    8月3日、グローバルな決済テクノロジー企業であるVisaは、アジア太平洋地域におけるVisa Ec…
  2. オーストラリア金融業界団体、グリーンウォッシュ防止のためのガイドライン公表

    2022-8-10

    オーストラリア金融業界団体、グリーンウォッシュ防止のためのガイドライン公表

    8月3日、オーストラリアの金融サービス業界の基準・政策設定機関である金融サービス協議会(FSC)は…
  3. ヒルトン、ホテルの排出量削減目標を設定

    2022-8-10

    Hilton、ホテルの排出量削減目標を設定

    7月29日、多国籍ホスピタリティ企業であるHiltonは、ホテルポートフォリオの排出量を大幅に削減…

記事ランキング

  1. 2021/6/4

    ESG Journalとは?
過去の記事
ページ上部へ戻る