McKinsey、建築環境の脱炭素化に特化した連合を立ち上げ

McKinsey、建築環境の脱炭素化に特化したカウンシルを立ち上げ

11月3日、McKinsey & Companyは、建物からの温室効果ガス排出を削減する取り組みや、建築環境の脱炭素化のためのソリューションを支援することを目的とした業界リーダーによるクロスセクター連合「Net Zero Built Environment Council」を立ち上げると発表した。

国際エネルギー機関(IEA)と国連環境計画(UNEP)によると、建物と不動産は、炭素排出量の約40%を占め、地球温暖化問題の大きな要因となっている。また、長期に渡るという性質上、代替が最も困難な排出源の一つでもある。
建築環境の脱炭素化への取り組みは、大きな投資機会でもある。 McKinseyは、この協議会の発足により、「業界関係者が推定8,000億〜1兆9,000億米ドル(約117兆円~280兆円)の潜在的グリーン市場を開拓することを支援する」ことを目的としていると述べている。

協議会の発足と同時に、 McKinseyは、建築環境の脱炭素化に関連する課題、既存の経路、機会を強調した報告書を発表した。この報告書では、設計、材料製造、建設、使用、解体に至るまで、建物のライフサイクルを通じて排出量を削減するための手段の多くは既に知られ、実証されている一方で、建築環境のエコシステム内での協力関係の欠如が脱炭素化の主な障害になっていることを指摘している。

McKinseyによると、この新しい協議会は、新しいグリーンイノベーションの創出を支援し、グローバルなサステナビリティの指標と研究を行い、建設方法から材料に至るまで、脱炭素化への費用対効果の高い道筋を推進することを目的としているとのことだ。また、同協議会は、建築物の脱炭素化に向けて迅速かつ費用対効果の高い方法を研究・推進するだけでなく、セクターを超えたパートナーシップを促進し、リソースを共有しながら、グリーンテクノロジーを世界規模で一括して商業化することを目指す。

【参考ページ】
(原文)McKinsey launches Net Zero Built Environment Council
(日本語訳)マッキンゼー、「ネット・ゼロ建築環境協議会」を設立

関連記事

“イベントへのリンク"

おすすめ記事

  1. 2024-4-9

    SBTN(Science-Based Targets for Nature)とは。企業のネイチャーポジティブ経営を実現する目標設定の方法論を解説。

    TNFDのフレームワークが公開され、先進企業ではフレームワークに基づく情報開示が進みつつある(20…
  2. 2024-4-2

    【さくっと読める】TNFDの開示とは。重要ポイントを抽出。

    2023年9月、TNFDのフレームワークが完成し公開された。2023年時点でTNFDに基づく開示を…
  3. 2024-3-26

    【さくっと読める】ESGスコアとは。基本的知識を解説。

    今月から、サスティナビリティ情報開示で関心の高いテーマについて、さくっと読める解説コラムを発行して…

ピックアップ記事

  1. KKR、米国の再生可能エネルギー開発企業Avantusの過半数株式を取得

    2024-4-5

    KKR、米国の再生可能エネルギー開発企業Avantusの過半数株式を取得

    3月21日、代替資産およびプライベート・エクイティ投資家であるKKRは、米国の太陽光発電および蓄電…
  2. 2024-4-5

    経産省・国交省、秋田県八峰町及び能代市沖における洋上風力発電事業者を選定

    3月22日、経済産業省及び国土交通省は、再エネ海域利用法に基づく海洋再生可能エネルギー発電設備整備…
  3. 2024-4-5

    日産、2030年度までにEVコスト30%削減。ICE車と同等のコスト実現を目指す

    3月25日、日産自動車は、自社の価値と競争力を向上させる新たな経営計画「The Arc」を発表した…

アーカイブ

ページ上部へ戻る