オーストラリア政府が新たな持続可能な金融市場を構築するための戦略を発表

6月19日、オーストラリア政府は「Sustainable Finance Roadmap」(持続可能な金融市場のロードマップ)を発表した。

これは、オーストラリア政府がクリーンエネルギー経済への移行を支援し、持続可能な金融市場を構築するために策定した戦略を示している。文書は、主に気候と持続可能性に関する透明性の向上、金融システムの能力強化、政府のリーダーシップと国際的な関与の3つの柱から成り立っている。

最初の柱は、気候と持続可能性に関する透明性の向上だ。この中で、気候関連の財務リスクと機会に関する開示を大企業と金融機関に義務付ける法律を2025年1月から施行する計画がある。また、持続可能な金融タクソノミーの開発が進められ、2024年末までに初期タクソノミーを完成させる計画だ。企業のネットゼロ移行計画の開示を義務化し、移行計画のベストプラクティスガイダンスを提供することも目指している。さらに、持続可能な投資商品に関する一貫したラベルと開示要件の確立も進められる。

次に、金融システムの能力強化が二つ目の柱だ。ここでは、金融市場の監督を強化し、持続可能な金融商品の信頼性を高めるための施策が含まれている。システミックな金融リスクを特定し、適切な対策を講じることも重要な目標とされている。データのアクセス性、比較可能性、信頼性を向上させるための取り組みを強化し、持続可能な金融のための規制フレームワークを整備することも含まれた。

最後の柱は、オーストラリア政府のリーダーシップと国際的な関与である。政府はグリーンボンドを発行し、持続可能なプロジェクトへの資金提供を促進する計画だ。さらに、国際的な持続可能な金融の議論に積極的に参加し、リーダーシップを発揮することも重要な戦略とされている。

このロードマップでは、具体的なタイムラインも示された。2024年末までに持続可能な金融タクソノミーの初期バージョンが完成し、2025年1月からは気候関連の財務開示義務が開始される。また、2027年までに持続可能な投資商品のラベル付け制度を導入する計画だ。

このロードマップは、オーストラリアの経済を持続可能な方向に導き、投資家や企業が気候関連のリスクと機会を管理するための信頼性のある情報にアクセスできるようにすることを目指している。

【参照ページ】
(原文)Sustainable Finance Roadmap
(日本語参考訳)持続可能な金融市場のロードマップ

関連記事

“ホワイトペーパーへのリンク"

おすすめ記事

  1. ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    2024-5-15

    ウェルビーイングとは?5つの要素から企業に求められる対応を解説

    上場企業であれば気候変動の情報開示が当たり前になってきたのと同じく、人材のウェルビーイングの実現に…
  2. CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    2024-5-7

    CSRDとは。日本企業に与える影響と今すぐできる対応を紹介。

    CSRD(Corporate Sustainability Reporting Directive…
  3. ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    2024-4-30

    ESG投資とは。改めて考える重要性とESG経営のメリット・今後の課題

    ESG投資の流れは国内外において拡大を続けている分野であり、注目を集めている。投資家のニーズに応え…

ピックアップ記事

  1. 2024-7-23

    シェルパ、東洋経済新報社とシステム連携契約を締結

    7月23日、シェルパ・アンド・カンパニー株式会社が開発・提供する企業向けESG情報開示支援クラウド…
  2. 2024-7-17

    GRI、新たにCSRD/ESRS開示のためのサポートサービスをリリース

    7月10日、GRI(Global Reporting Initiative)は、新しいGRI-ES…
  3. 2024-7-17

    JCI、1.5℃目標に整合する2035年目標を政府に求める。216団体が賛同

    7月8日、気候変動イニシアティブ(JCI)は、「1.5度目標と整合する野心的な2035年目標を日本…
ページ上部へ戻る